第16回「霧島・食の文化祭」開催のごあんない


第16回「霧島・食の文化祭」
日時 2019年11月24日(日)10時から15時
場所 霧島保健福祉センター
主催 NPO法人霧島食育研究会
目的 「食」を大切にする文化を育てよう!〜霧島の食文化の継承と創造〜
今年のテーマ:お米と私たちの暮らし
内容
・お米の学校
 「一個のおにぎりから見えるお米と私たちの暮らし」ミニ講座
 「お米を羽釜で炊いてみよう」
 「おにぎり」弁当の移り変わり展示
 「お米のクイズ&利き米」
・みんなの家庭料理大集合~子供さんから大人まで「今年は特にお米・おにぎり」
・私はどの粉(こ)?~粉になる前の姿を当ててみよう!
・きりしまつつみコーナー
・干してあるもの大集合
・忘れられない戦中・戦後の命の食
・ばあちゃんと孫のちゃぶ台カフェ&漬物相談室
・みんなの食育活動発表
 鹿児島女子短期大学・大型紙芝居「西郷さんと大豆の豆助」など
・霧島食育研究会のレシピ本展示&即売会
・霧島の食文化遺産パネル展示&第4回「霧島の味」ナンバーワン投票
・かごしま郷土料理マイスター協会のコーナー「私の故郷のおすすめ料理」
・韓国全羅北道での郷土料理を通した交流報告
・霧島市役所の食育コーナー
・「霧島ガストロノミー」コーナー~わが町のおいしいもの大投票!
・霧島市役所~「もったいない」だけで終わらせない!
・はし使いワークショップ・鶏さばきワークショップ・竹細工ワークショップ
・エコたわしワークショップ
・霧シェフ(男性料理教室)展示
・霧島食育サポータークラブ活動紹介
・写真で「2019皿の21世紀家庭料理大集合」
・霧島の食と農の体験コーナー「石臼できなこ」「干し柿つくり」「手もみ茶」
・食育絵本読み聞かせ
・アレルギーに関する展示
・霧島ばっばんの味 (そばずい)販売&霧島の母ちゃんの味(豚汁・おこわ)販売
・霧島産大豆展示&即売会
・保育園の食育活動展示
入場 無料
問い合わせ 090-4982-8898(NPO法人 霧島食育研究会)

1000回目の主催事業-霧島里山自然学校で


1000回目の主催事業。
9月8日は、霧島食育研究会の主催事業が1000回目の日でした。


9月の「里山自然学校」。
ピザ釜をブロックや耐火煉瓦で作って、火をつけて、
霧島の地粉でピザをつくり、畑の野菜などをトッピングにして、
おいしくいただきました。

里山の初秋の宝もの探しでは、9つのあるものを探してきてもらいます。
「紫色のもの」とか「つるつるしたもの」とか「匂いのするもの」とかです。

「秘密のおやつ」は「焼き栗」と「焼き落花生」と「黒大豆のボン菓子」「米のボン菓子」です。
「ポン菓子機」大活躍でした。

そして9/11の南日本新聞に、活動1000回の記事を掲載してくださいました。
これまで年間で多い時は80回位、今は大体60回位の主催事業を実施しています。
「町おこし」とか「地域づくり」とかいうものではなく、大変小さなNPO団体が、
まずは16年続いてこれて、面白いと思い納得した活動だけを継続してやってこれているということに、
感謝しています。