追加募集!!3名です!「知っておきたい日本の食べ物」~霧島版和食検定 シニア向け


欠員が出ました!ご希望の方いらっしゃいませんか?

シニア(おとな)向け~全5回

主な対象者 成人 25名

場所:国分公民館 2階 調理室・講義室(霧島市役所シビックセンター  霧島市国分中央3-45-1)

時間:18:00~20:30(7月18日のみ19:00~20:30)

費用 入会費1000円 参加費(毎回ごとに)1000円

タイトル等 内容
7/18 基調講演 「霧島の風土と食文化」NPO法人 かごしま探検の会 東川 隆太郎さん
8/12 霧島の農耕と食文化 ・講話「霧島の農業」・調理実習 農耕の食「ひら」「田植え団子」
9/26 錦江湾と食文化 ・講話「錦江湾のめぐみ黒酢・漁業および果樹栽培など」・調理実習「魚さばき・および調理」
10/31 霧島山麓の食文化 ・講話「霧島茶・お茶の味比べ」・調理実習「霧島産大豆で豆腐つくり、おから料理」
12/19 次世代に伝えたい霧島の食 ・調理実習 霧島の郷土料理「きいこん」「芋こんにゃく」「ねったぼ」

 

問い合わせ・申し込み 090-4982-8898 (NPO法人霧島食育研究会 千葉)

1377029_520961251315832_622987638_n


「知っておきたい日本の食べ物」~霧島版「和食」検定 シニア向け 開催 26年7月18日


「霧島の風土と食文化」

「知っておきたい日本の食べ物」~霧島版和食検定(シニア向け)が、いよいよ始まりました。全5回の第一回目はnpo法人 かごしま探検の会 東川隆太郎さんの講演。明治の文献「薩摩見聞録」、昭和15年ごろの食文化を伝える「国分郷土史」「姶良地方の研究」から、そのころ人が食べていたものを、歴史上の人物や、名のなき庶民の暮らしぶりを絡めてのお話。

江戸時代の国分・霧島の特産品
1、国分大根 2、国分スイカ 3.ひげ人参 4、牧園の踊かぶ
特に踊かぶは、二日酔い、腫瘍、犬にかまれた時の毒消しにも効果があるといわれた。
など、とても興味深い内容満載でした。
10511352_472225466247093_4002426030607083543_n 10451061_472225482913758_3369748753686434888_n

霧島里山自然学校 7月は「田んぼの生き物観察」「青竹そうめん流し」7月20日


7月20日、夏休み最初の日曜日は、「霧島里山自然学校」。今回は、「田んぼの生き物観察」と「青竹そうめん流し」。田んぼは一時期、水を抜いていた関係で、生き物は小さく、見つけにくいものが多かったようです。その分、親子で目を凝らして、頑張って観察していらっしゃいました。青竹のそうめん流しは、大きな孟宗竹を割って、設置。そうめんだけでなく、ミニトマト、ブドウ、キュウリなども流しました。たくさん食べてくれて、うれしい時間でした。

10524306_473089222827384_9066154736396820975_n 10559923_473089279494045_3569527313269175497_n