ふっのだご レシピ



ふっのだご
「フッ」はよもぎのこと。
よもぎは、いたるところに自生し繁殖力が強い。茹でても蒸しても独特の香りがし、色も鮮やかです。
早春に柔らかい若葉を摘み、ゆでてアクを抜き、団子やもちに混ぜて使います。
よもぎには邪気を払う神聖な力があるともいわれ、3月3日の桃の節句に草餅をつくる由来ともいわれています。
霧島市国分に伝わる、さつまいもを加えて作るレシピです。

〈材料〉 4個分
さつまいも 200g
もち米粉 100g
よもぎ 30g
あん 120g
きなこ 大さじ2

〈作り方〉
① 若い葉のよもぎは、1リットルの沸騰した湯に小さじ1の塩を入れ、1分茹で水にさらす。
少し大きくなった葉は、塩の代わりに重曹を加え、2分ほど茹でる。
その後、細かくたたくか、フードプロセッサーにかける。
② さつまいもは皮をむいて1センチ幅に切り、水にさらしてから蒸し器で柔らかくなるまで蒸す。
③ ❶をボウルに移し、熱いうちにもち米粉を混ぜる。
はじめ、木じゃくしなどで混ぜ、あら熱がとれて手で触れるくらいになったら、手に水をつけながらこねる。
全体の粉っぽさがなくなり、一塊になるくらいまでこねる。
④ ❸を蒸し器の大きさに合わせて広げる。蒸し布かクッキングシートを敷いた上にのせ、強火で15分蒸す。
⑤ あんは4等分し、丸めておく。
⑥ ❹をボウルに移し、よもぎを突き混ぜて4等分し、あんを包む。きな粉はかけるかまぶす。


コメントを残す