第15回「霧島・食の文化祭」でした!



第15回「霧島・食の文化祭」を11月18日(日)開催しました。
今年は150年・100年・50年のレシピ、そして50年後に伝えたい霧島の食がテーマでした。


初めての試みで、開会式でこれまでに15年の霧島食育研究会の取り組みと
この「霧島・食の文化祭」を通して自分たちが学んだことを報告しました。
ずっと応援してくださっていた霧島のかたが、涙を流しながら聞いてくださっていて、
あとで「とてもうれしかった」と言ってくださって、やってきた意味があるなと感じました。

今回のテーマは「150年・100年・50年のレシピ」と「50年後に残したい霧島の食」。


150年のレシピは大河ドラマ「西郷どん」に登場する、薩摩・鹿児島の食を再現しました。
100年レシピは100年以上前に生まれた人の作った料理を、その子供や孫が再現しました。
50年レシピは、おおむね50歳以上の人が幼いころ食べた料理です。
150年の料理のコーナーは、知り合いの方が「いろり」を作ってくださり、設えさせていただいておりました。
ありがたいことでした!





そして、50年後に残したい霧島の食は、来場者の投票で決めました。
1位は「あくまき」でした!理由は「自分が作れないから」というかたが多かったとのこと!
霧島食育研究会の意味はここにもあるのだな、と思いました。


今回は、台湾からのブース出展もありました。
この夏、台湾で食文化を学ばせていただいた際のお世話になった先生と、食育活動をしていらっしゃる方が、
ぜひ「霧島・食の文化祭」を体験したいと、台湾の漬物をたくさんお持ちになって、
各地の食文化として各地の食材で加工したものを持参してくださいました。


屋外では、命の食育「とりさばき」ワークショップ。
命あるものを食べて生きている自分たちの営みを、かんじてもらえたのではないでしょうか。

屋内には
「コンコン大集合(つけもの)」
「霧島の食の歳時記」
「我が家の卵料理」
ふきんを縫う「ちくちくワークショップ」
「霧島市役所ブース」
「食育絵本の読み聞かせ」


マルマメン工房のブース&みそ仕込みワークショップ


鹿児島女子短期大学のはしつかいワークショップ
「そばずい」「おこわ」「がね」の販売など。


会場の真ん中には、熊本県水俣市の竹職人井上さんの、
竹箸つくり&はなかごワークショップ。


そして、始終 人の絶えなかった「ばあちゃんのちゃぶだいカフェ」
霧島のばあちゃんの座る周りには人だかり。
お漬物やお茶を囲んで楽しくおしゃべり。
よい時間が流れていました。

今回も、多くの気づき、学びがありました。
その中で見えてきた課題についても、丁寧に取り組まなくてはいけないと感じました。