1000回目の主催事業-霧島里山自然学校で


1000回目の主催事業。
9月8日は、霧島食育研究会の主催事業が1000回目の日でした。


9月の「里山自然学校」。
ピザ釜をブロックや耐火煉瓦で作って、火をつけて、
霧島の地粉でピザをつくり、畑の野菜などをトッピングにして、
おいしくいただきました。

里山の初秋の宝もの探しでは、9つのあるものを探してきてもらいます。
「紫色のもの」とか「つるつるしたもの」とか「匂いのするもの」とかです。

「秘密のおやつ」は「焼き栗」と「焼き落花生」と「黒大豆のボン菓子」「米のボン菓子」です。
「ポン菓子機」大活躍でした。

そして9/11の南日本新聞に、活動1000回の記事を掲載してくださいました。
これまで年間で多い時は80回位、今は大体60回位の主催事業を実施しています。
「町おこし」とか「地域づくり」とかいうものではなく、大変小さなNPO団体が、
まずは16年続いてこれて、面白いと思い納得した活動だけを継続してやってこれているということに、
感謝しています。