かごしま食育レシピ92 南日本新聞26年7月15日掲載


南日本新聞「かごしま食育レシピ」は、今年で9年目なのですが、霧島食育研究会のメンバーでリレーで担当しています。それぞれに特徴があって、大変面白いのです。今日掲載の山口香さんは、ここ数回、「絵本の中のレシピ」を掲載しています。
今回は「はらぺこあおむし」の中のカップケーキをイメージしたものです。

以下、掲載内容

新米ママたちの子育てサークルに親子で参加していました。絵本の時間に何度も読み返しては、その色彩感覚に魅了されたお気に入りの一冊に「はらぺこあおむし」があります。
色とりどりの食べ物を、モリモリあおむしが食べるページになると、決まって子ども達は、あおむしをまねて空想のごちそうをパクっと口に運びにっこり笑顔。その中でも大のお気に入りはカップケーキ。そんな子ども達の喜ぶ顔が見たくて、作り方やトッピングを工夫しながらあれこれ考えて作ったのが、この「はらぺこさんのカップケーキ」。
子ども達も成長するにつれ、お菓子作りが自然と好きになってくれました。卵を割る、粉を計る、混ぜ合わせる。子どもと一緒の作業は、時間も手間も何倍もかかりますが、一生懸命な姿は何とも言えず、確かな成長を垣間見ることができる私の特権です。子ども達も幼いころの楽しかった思い出は、今でも心の中に大切な宝物として残っているようです。将来の夢に向かって、一歩ずつ前進している子ども達の成長ぶりを見つめながら、「おいしいね」と、親子でほおばる幸せな時間。いくつになっても変わることのない幸せな時間です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA