落花生の五目煮 レシピ


落花生の五目煮

〈材料〉作りやすい分量(4~5人分)
乾落花生 100g
豚もも肉(ブロック) 100g
茹でたけのこ 100g
人参 50g
ごぼう 50g
干し椎茸 4枚
さやいんげん 2本
砂糖 大さじ1
本みりん 大さじ2と1/2
薄口醤油 大さじ2と1/2

〈作り方〉
① 乾燥落花生は、薄皮付きのまま水につけ、1~2日冷蔵庫に入れておく。
② ざるにあけ、圧力鍋に入れ、かぶるくらいの水を加え、5分加圧し、火を消してし20分置く。
 ※普通の鍋の場合は、柔らかくなりすぎないように少し硬めに煮る。
③ 豚もも肉、茹でたけのこ、人参、ごぼう、水でもどし軸を除いた干し椎茸を、落花生の大きさに切りそろえる。
④ さやいんげんは塩茹でし、同じように切る。
⑤ 鍋に材料をいれ、椎茸の戻し汁と水でひたひたにし、火にかける。
⑥ 沸騰したら砂糖を加え、2~3分したら本みりんと薄口醤油を加え、汁けが少し残るくらいになるまで煮含める。
⑦ 器に盛り、さやいんげんを散らし、できあがり。

精進煮しめ レシピ


〈材料〉 4人分
干し大根 20g
里芋 200g
芋こんにゃく 80g
人参 120g
ごぼう 120g
茹でたけのこ 160g
野菜昆布 20cm×4本
干し椎茸 4枚
きんかん豆腐 8個(または厚揚げ 1/2丁)
絹さや 8枚
水 1.2リットル
◆調味料
淡口醤油 100cc
砂糖 大さじ1.5
酒 大さじ2

〈作り方〉
① ごぼうは皮をむき、酢水につけてアクを抜く。椎茸は水で戻しておく。
② 里芋、人参、水で戻した干し大根、芋こんにゃくは適当な大きさに切る。
③ こんにゃくは塩もみし、昆布は洗って結ぶ。
④ 鍋に水を入れ、人参以外の材料を加えて火にかけ、ひと煮立ちしたら調味料を入れて中火で煮る。
⑤ 途中で人参ときんかん豆腐を入れてさらに煮る。
⑥ 器に盛り、塩ゆでした絹さやを添える。

かごしま郷土料理マイスター講座 第三期 終了式&かごしま郷土料理マイスター協会 総会


マイスター協会2019集合写真

7月28日(日)
かごしま郷土料理マイスター講座 第三期 終了式』と『かごしま郷土料理マイスター協会 総会』を開催しました。
HOTEL&RESIDENCE 南洲館にて。
参加者は、協会会員24名、ほか講師等7名、合計31名でした。

【かごしま郷土料理マイスター上級講師】の修了認定者が6名(当日1名欠席)。
かごしま郷土料理マイスター講座を30回受講後、講師コースに進み、
郷土料理の講師としての経験を積みながら、さらに講座を30回受講修了した方々です。

【かごしま郷土料理マイスター上級】の修了認定者が9名
かごしま郷土料理マイスター講座を30回受講修了した方々です。

そして、
NPO法人霧島食育研究会理事長 千葉のご挨拶。

修了者代表の挨拶。
皆さま、この郷土料理の講座で学んでいただいたことを、家庭や地域で役立てていただけているようでした。

続いて、かごしま郷土料理マイスター協会令和元年度総会にうつりました。

平成30年度の活動報告、決算報告、監査報告と、令和元年度の活動計画、予算案の審議 などを行い、
すべての審議が滞りなく終了し、総会は閉会となりました。

そして、お楽しみの懇親会へ☆
両手を広げたくらい大きな鉄製の熊襲鍋でいただく、黒豚のしゃぶしゃぶ 『くろくま鍋』!

昆布と鰹節、そして数種類の野菜のうま味をしっかり煮出して、『うま味が凝縮された出汁』が、鍋にたっぷり注がれ、
まずは、黒豚肉をじっくり味わいます。
黒豚の甘みに、末吉町特産の《ゆずこしょう》の酸味辛味が絶妙に絡みあい、
おいしい!
と最初からノックアウトで。

人参、しめじ、ブロッコリー、お豆腐、薄揚げなどを入れ、
ちぎらず1枚ままのレタスを人数分ならべた上に、黒豚肉をおいて、火が通ったら
レタスをお肉で巻いて、いただく。
シャキシャキレタスと黒豚、そして出汁との相性もよかったです。

ひと通りいただき、
次は、季節のお野菜。夏野菜の鍋!
ゴーヤ、おくら、トマト、ヤングコーンもおいしかったです。
豆苗に、ホックリさつま芋。

そして黒豚肉を、おかわりで数回いただいて。
さいごに、
乾麺のラーメンでシメ。
煮込んでも伸びにくい麺だったような感じです。
出汁との相性もよく。

皆さん、たのしく談笑しながら、あっと言う間の懇親会でした。

デザートに、なんと!『しろくま』のアイスバーをいただきました。
『くろくま ♡ しろくま』
鹿児島の食材をふんだんにとり入れていて、
おいしいばかりでなく、たのしいお食事でした!

かごしま郷土料理マイスター上級講師の方々

本年度は、これまで学習してきたことを、
広く県民の皆さまへ公開セミナーとして、料理教室を受講していただくことなども計画しています。
かごしまの郷土料理の伝承に、個々努めたいという思いを新たに
この1年を進めることができた、いちにちでした。