ブリの鍋照り焼き レシピ


〈材料〉 4人分
ブリ 切り身 50g×4切
油 大さじ1/2
タレ(砂糖大さじ1、濃口醤油大さじ1、本みりん大さじ1、酒大さじ1)

〈作り方〉
① ブリ切り身は、表面の水気をペーパーでふき取る。
② フライパンに油を中火で熱し、ブリの表(盛り付けたとき上になる方)を下にして並べ、中火のまま2分程度焼く。
③ 表面に焼き色がついたら裏に返し、フライパンに残った油をペーパーでふき取る。
④ フライパンのブリに、混ぜ合わせたタレ調味料を加え、ごく弱火にし、フタをして3~4分火を通す。
【ポイント】「鍋照り焼き」は「ごく弱火で蒸し焼き」にすると、身が固くなりにくい。
⑤ フタをとって中火にし、切り身を裏返し、タレを煮詰めながらすくいかける。
⑥ トロリとしたら上下を返し、器に盛り、タレをかける。

大豆の五目煮 レシピ


〈材料〉 4人分
茹で大豆 100g
鶏もも肉 50g
里芋 50g 
人参 50g
こんにゃく 50g
干し椎茸 2枚
ちくわ又はさつまあげ 50g
油 大さじ1
砂糖 小さじ1
本みりん 大さじ1.5~2
薄口醤油 大さじ1.5~2

〈作り方〉
① 干しシイタケは水で戻し、軸をとる
② 大豆以外の食材は、すべて大豆大(1cm角)に切る。
③ 鍋に油をひいて鶏もも肉を炒める。
④ 色が変わったら、茹で大豆、②を加える。
⑤ 全体に油が回ったら、椎茸の戻し汁と水で材料がひたひたになるくらいに
する。
⑥ 調味料を加え、落し蓋をして、中弱火で人参に火が通るまで15分程度煮る。
⑦ 火からおろし、そのまま冷まし、味を含ませる。

第17回「霧島・食の文化祭」ご案内


第17回「霧島・食の文化祭」
日時 2020年12月6日(日)10時から15時
場所 霧島保健福祉センター
主催 NPO法人霧島食育研究会
目的 「食」を大切にする文化を育てよう!〜霧島の食文化の継承と創造〜
今年のテーマ:「離れているけどつながっている」時空を超えて
内容
・100年先に伝え継ぎたいふるさとの食50選
・写真で「21世紀家庭料理大集合2020」
・屋外でおこわの販売(有料)
・霧島食育研究会のレシピ本展示
・霧島の食文化遺産パネル展示
・鶏さばきワークショップ・竹細工ワークショップ・エコたわしワークショップ(屋内)
・郷土料理で染め物展示
・霧島食育サポータークラブ活動紹介
・食育紙芝居実演・霧島産食材の展示&即売会
・保育園の食育活動展示  

入場 無料
問い合わせ 090-4982-8898(NPO法人 霧島食育研究会)

※新型コロナウイルス等感染予防
マスク着用・検温・入場時の人数規制・定期的な換気・アルコール消毒・試食無し・喫食ブース無し・ワークショップ時のソーシャルディスタンスの確保