南日本新聞に「かごしま郷土料理マイスター」掲載


5月28日、南日本新聞に「かごしま郷土料理マイスター講座」三島編の様子が掲載されていました。あることは知っていても、行ったり、その関係者と話すこともなかった三島ですが、今回、島の写真をみたり、暮らしや食のお話を聴き、島の料理をつくることで、とても身近に感じることができました。

毎回、県内各土地の食材と在住者または出身者に学ぶこの教室は、第一期が次回で3年目に入ります。あと12回、がんばります!

11390327_617695898366715_1222969165467965817_n

100回目の「かごしま食育レシピ」平成27年5月20日


掲載10年めで、累計100回目となりました「かごしま食育レシピ」。南日本新聞、先週の掲載でした。撮影は峯下さん、担当は山口香さんです。「うめのみ」という絵本をイメージして作った、梅ジャムのパウンドケーキです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA11204403_616139251855713_3376124895380360799_n

NHKワールドTV(国際放送)「FOOD x POTTERY」 メキシコ料理×薩摩焼に出演


2月、霧島食育研究会で撮影された、NHKワールドTV(国際放送)の「FOOD x POTTERY」 メキシコ料理×薩摩焼 が放送され、制作会社からDVDが送られてきました。
 メキシコ生まれの料理人・ローサさんが、郷土料理店や畑などを訪ね、更に鹿児島の郷土料理を習って、鹿児島の食材への興味を高め、メキシコで生まれたサツマイモがいかにして遠くの日本にたどり着き、日本人の暮らしを支え、地域に根ざしていったのかを知っていくというもの。さらに沈寿官さんに出会い、鹿児島の食材をつかい和食とメキシコ料理を結び付け、薩摩焼の器に盛り付けるというものでした。
 それで、霧食での撮影は、サツマイモや黒豚を使った鹿児島の郷土料理をローサさんにお伝えするという内容でした。料理人のローサさんは、とても気さくで明るくて優しい方で、一緒に作った「豚骨」「薩摩すもじ」「がね」をとてもおいしいって絶賛してくださいました。「地元のばあちゃん達の料理」をほめてくださったのがうれしかったです。10959294_1602098673356304_1126714545593994687_n10967750_629585697187367_231942355_n