104回目のかごしま食育レシピ


焼きナス

NPO法人霧島食育研究会 鎌田瑞恵

 

この時期ナス料理はいろいろありますが、一番シンプルなものは「焼きナス」。アツアツで食べてよし冷やしてよしですが、子どもの頃、祖母の焼きなす作りを初めて見たときには、びっくりしました。

ガスレンジの上に焼き網をのせ、ナスをポンとのせて強火にかけて箸でナスを回しながら真っ黒になるまで焼いているのです。ナスからはプツプツと汁が出てくるし、黒くなっ皮が落ちてくるしで、ガスレンジはすごく汚れてしまいます。思わず祖母に「魚焼きグリルで焼いたらいいのに。」と言うと「こうちのほうがうめたっど!汚れは洗えば済むがね」と祖母の一声。なすに火が通ると、ヘタのところ持ち上げて熱いうちに手早く皮をむいて一口大に切ると皿に盛り付けていました。「ばあちゃん熱いからナスに水かけたら?」と言うと「水につけると水っぽくなるから、つけんほうがよか!」とまた一声。おいしく食べることにこだわる祖母らしい返事でした。6年前に祖母は他界してしまいましたが、焼きナスを見ると祖母の作る姿が浮かんでくるのでした。

 

 

 

材料 (4人分) ・ナス  2~3本 ・かつお節  適量 ・醤油 適量

 

 

  •  ナスは、ヘタの回りに包丁で軽く切り込みを入れておく。焼き網(なければ魚焼きグリル)にのせて強火にかける。全体が真っ黒になり箸でおさえて固いところがなくなれば、網から降ろして熱いうちにヘタのところから皮をむく。
  •  食べやすい大きさに切り皿に盛り付けてかつお節をのせ醤油かける。(冷ましてもいい)11947991_662332910569680_8955112970265746156_o

102回目のかごしま食育レシピ


11703089_630523433750628_5919278508998716538_n

あずきミルクアイス

NPO法人 霧島食育研究会 千葉しのぶ

 

もうすぐ夏休み。親御さんにとっては、家にいることの多い子どもさんのおやつも気になるところでは。アイスクリームやシャーベットもよく登場するのではないでしょうか。市販のものだけでなく、時には手作りで「冷たいおやつ」を思っても、材料や手間を考え二の足を踏んでしまいそうです。

そんなときのおすすめがこれ、「あずきミルクアイス」です。あまりにも簡単すぎて、すこし恥ずかしいくらいなのですが、材料はふたつだけ「ゆであずきの缶詰(甘みのついたもの)」と「牛乳」。数時間おきにかきまぜて、凍らせていくだけです。すでに成人したうちの子ども達も小学生のころから作っていましたが、特に名前もなく、「あれ作ろうか~」って感じで、材料を混ぜて、冷凍庫に入れたり出したりしていました。派手な色や香りはありませんが、口に入れた時、ミルクの風味とあんこの甘さ、小豆の粒がなんともいえずマッチしています。小さいお子さんでもおいしく楽しく作ることができます。ぜひお試しを。

 

 

3~4人分

ゆであずきの缶詰(甘みのついたもの) 一缶(約200ℊ)

牛乳     200㏄

 

  • 冷凍可能なふた付きの容器を準備する。
  • ゆであずきを①に入れ、牛乳を加え混ぜ、冷凍庫に入れる
  • 二時間おき位に、大きめのスプーンなどを使い全体をかきまぜる。
  • しっかり凍ったら、冷凍庫から出しすこし溶かし、さらに細かく崩して器に盛る。

103回目の「かごしま食育レシピ」掲載


今日の南日本新聞。「かごしま食育レシピ」
「キュウリのローリエ漬け」担当は冷水美樹さん。
霧島食育研究会の102回目の掲載です。

研究会員リレー方式でなければ、もちろんこんなに続きません。
撮影は、いつものように峯下清孝さん。
感謝!!11728988_649425455193759_7973106819057624965_o

きゅうりのローリエ漬け

 

NPO法人 霧島食育研究会 冷水 美樹

<材料>

きゅうり        2本

塩         少々

すりおろし玉葱    大さじ一杯分

薄口醤油      50cc

ローリエ      2枚

こしょう      少々

 

<作り方>

  • きゅうりは塩を振って板ずりし(まな板にのせて塩を振り、手のひらで前後にころがす)、

水洗いして水気を拭き、縦半分に切り、長さ2~3cmに切る。

②すりおろした玉ねぎ、薄口醤油・ローリエ・こしょうと混ぜ、その中に①を入れ、冷蔵庫で1~2日ほど漬け込む。

 

この時期、実家ではトマトやオクラ、きゅうりなどの夏野菜がとれ、よく食卓に登場しています。

きゅうりと言えば、子どもの頃、夏休みに宮之城の父方の祖母の家へ帰省した時の事を思い出します。東京生まれの祖母は、お洒落で料理好き。作る料理もどこかしゃれていました。いつも私達の帰省にあわせ、マドレーヌやコーヒーゼリーなどを作って待っていてくれたものですが、夏に登場したのがこの「きゅうりのローリエ漬け」。ローリエが入っているところが祖母らしい1品です。弟や従弟達と「ボリボリッ」と競って食べていました。胡瓜のパリッとした水みずしい食感に食べるのがとまらなくなります。

私は、玉葱をスライスにするなど野菜の切り方を変えたり、ゴマ油や酢を入れて風味づけしたりと応用しています。

暑さももう少し、体を冷やしてくれる作用があるといわれるきゅうりを使った料理はいかがでしょうか。