棚田食育士養成講座水めぐり編、1日の短縮凝縮コースで開催 26年7月28・29日


短縮で開催ですが、中身は濃い!です。

水の流れと共に棚田をめぐり、水がもたらす恵みを実感します。畑に行き、今の時期の野菜を学び、自分が食べるものを自分で作るひとの暮らしに触れます。その後、田舎料理をあじわい、講義では、「水と食べ物、暮らしとの関係」・・・水の循環を自分の身の回りから地球規模まで学びます。また、「暮らしの中の単位」についても学習。なかなか、ない内容です。

プレゼンテーション実習では、「私の食歴」「食育の事業」を10から15分で発表。

夕食は「畑の食材や、あるもので、時間を決めて、おいしく作る調理実習」、献立も材料をみてぱっと決めます。

1907405_477598879043085_4804384861939094971_n 10540390_696152817145065_2157816017064697636_n 10494606_696153603811653_2406105477723307657_n 10291687_477598849043088_1965613532554953753_n

棚田食育士養成講座がありました


3月8日(土)・9日(日)に、棚田食育士養成講座が水俣市愛林館で開催されました。

棚田食育士養成講座2014030801
料理はここから。心して料理します。

里山創作料理。棚田食育士養成講座で調理実習。
棚田食育士養成講座2014030802
レシピなし。材料だけ用意して、その場で参加者間で打ち合わせして作ってもらいます。
打ち合わせ10分、料理60分。メインは、自らさばいた鶏、霧島の野菜や水俣の山菜など。

通算4回受講の濵田肇次さんが上級棚田食育士になりました!
初参加の末吉美穂さん、渕上多恵さんは、初級。
お疲れ様でした!
棚田食育士養成講座2014030803