27年1月1日 南日本新聞に「霧島・食の文化祭」の記事掲載


明けましておめでとうございます。

ありがたいことに今日の南日本新聞に、戦後70年の特集記事「伝える」のテーマで、「霧島・食の文化祭」の記事が掲載されました。その中で、家庭料理大集合に出品されたいくつかの料理の紹介がありました。伊地知さんの、「雨で畑仕事ができない父が、七輪で作ってくれた『やっだご』の写真」も載っています。本文中には、エンガワスタジオの吉国あかねさんの100歳のおばあちゃんの「落花生いりのいり物」の紹介もあります!

私の言葉として「郷土料理や家庭料理は土地の文化や暮らしと結びついている。家族においしいものをたべさせたいという心意気は昔も今もかわらない」と結んでくださっています。ありがとうございます!10341572_549660378503601_4657096428521626891_n

 

 

 

 

 

第11回「霧島・食の文化祭」開催!


26年11月31日(日)無事、第11回「「霧島・食の文化祭」を開催しました。

栃木県から駆けつけてくれた応援スタッフを始め総勢120名のスタッフと来場者700名で作った、霧島の食のお祭り。

遠くは山口県防府市華城小学校PTAの皆様もおいでになられました。

「霧島の普段着の食」と「食を大切にする文化」。「それを学びつなげる人たち」、21世紀初めに霧島に生きている人の食の記録と思いがあふれた会場でした。

IMG_1542

IMG_1548

IMG_1558

IMG_1579IMG_1589IMG_1590IMG_1607IMG_1647IMG_1669IMG_1700IMG_1716IMG_1733IMG_1752IMG_1822IMG_1755IMG_1757IMG_1777IMG_1776IMG_1794IMG_1832IMG_1905OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

以下は霧島市HPより。

「子や孫に残したい霧島の食は何ですか」をテーマに第11回霧島・食の文化祭が11月30日、霧島保健福祉センターでありました。郷土料理や家庭料理の展示、地元の名物おばあちゃんとちゃぶ台を囲んで話をする“ばあちゃんのちゃぶ台カフェ”、鶏のさばき方披露などさまざまな内容で行われ、市内外から大勢の人が訪れました。
 今回は「霧島版和食検定」を初開催。霧島の食や日本の食生活などに関する問題を25問出題し、20問以上正解で合格とする検定です。最高得点の24点で合格した鹿屋市の中島浩子(なかしまひろこ)さん(34)は「去年まで国分高校で家庭科教諭として働いていました。食の文化祭は霧島の食について楽しく学べる素晴らしい企画だと思います。子どもたちにも伝えたい内容がいっぱいなので、ぜひ参加して、和食検定も受けてほしいですね」と話していました。
 ボランティアで参加した大田小6年の堀内玲杏(れいあ)さん(12)と下登光月(みづき)さん(12)は「4年生のときから参加しています。今日はお茶を出したり、受け付けをしたりしました。このイベントに参加するようになって、家でも料理の手伝いをするようになりました。今日はお弁当の詰め方にも挑戦。彩りやバランスが大切と聞いて、また勉強になりました」と喜んでいました。

 

第10回 霧島・食の文化祭 開催報告


第10回霧島・食の文化祭ポスター

第10回 霧島・食の文化祭
平成25年12月1日(日)に、開催しました。
参加者、1000名でした。

*****
「この1日があるから残り364日がおもしろい!」
第10回「霧島・食の文化祭」

テーマ「子や孫に残したい霧島の食は何ですか」
平成25年12月1日(日)10時~15時
1年で1日、たった5時間だけの取り組みです。

霧島保健福祉センター 霧島市霧島田口500
入場 無料

見る・学ぶ
・1498皿の霧島の家庭料理大集合(展示150皿・絵手紙100皿・写真1248皿)
・霧島の学校給食・桜島の椿油・アレルギー除去食(以上10時~15時)
・鶏の命の教室 12:30~

味わう
・高菜と梅干しのおにぎり250円・霧島黒豚の豚汁150円・そばずい300円・地鶏焼き500円
・ねったぼ(サツマイモ餅)13:30~無料

体験する
・匠の包丁研ぎ 10:00~15:00
・きのこワークショップ 10:00~15:00
・はしづかいワークショップ 10:00~15:00
・竹はし作り 10:00~11:30
・竹かご造り 13:00~14:30
・石臼できなこ作り 10:00~15:00

聞く
1部
● 霧島・栄養教諭のエプロンシアター 10:25~10:40
● 霧島・一家庭一菜「ピーマン作ったよ」 10:40~10:50
2部
● 福岡・楽しイネ 牛島光 11:30~11:45
● 熊本・竹の道具 井上克彦 11:45~12:00
3部
● お米でクイズ・霧島わんぱくランド 12:30~12:40
● 徳島・「なばしの話」高野康弘 12:40~13:10
● 霧島のばあちゃんの思いで語り 暮らしと食 鈴木ミチコ 聞き手:谷山 13:10~13:25
4部
● 頴娃の食を通した町おこし・加藤潤 14:00~14:15
● 「こめとも」を使った高校家庭科の授業 中島浩子 14:15~14:30

和む・買う
・ばあちゃんのちゃぶ台カフェ 11:20~15:00
・わんぱくランドの子どもたちの「お米のお店」
 ※今回の売り上げは全額、心臓移植の必要なお子さんへの募金とします。
・水俣の愛林館コーナー おはぎ・香米など
・霧島食育研究会作成レシピ集・食育教材など販売

支える(東北のおいしいものを買って支えるコーナー)
・宮城県 名取市の柚餅子など
・宮城県 石巻市のわかめ・こんぶなど
・岩手県 大槌町の海産物など
・宮城県 仙台市のクッキー&コーヒー