第104回「霧島たべもの伝承塾」参加者募集!


「けせん団子」「かからん団子」そして、「酒ずし」をつくります。さらに、昨日のあくまき作りに来れなかった方よりの御要望が相次ぎ、もう一回「あくまき」を作ります。今回は、調理室のガス台で家庭用の鍋で作ります。

平成28年5月24日 火曜日
霧島保健福祉センター
2000円

あくまきだけは「美しく作りたい」と願っております。全体の形、竹の紐の幅、結びかた、結び目の位置など、すこし気にするだけで、きれいに作ることができます~。

参加者は限定20名です。

申し込みはshinobuharry@yahoo.co.jpまで

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

北さつまのたけのこ料理 レシピ


たけのこご飯

たけのこごはん
〈材料〉
米 3合
茹でたけのこ 100g
鶏もも肉 150g
グリンピース 20g
薄口醤油 大さじ3
酒 大さじ1
〈作り方〉
① 米は洗い、ざるにあげておく。
② 茹でたけのこは薄切りで食べやすい大きさに。鶏ももは1cm角に切る。
③ 米に薄口、酒を加え、3合分の水加減にし、②を加えてすぐに炊飯する。
④ 炊きあがりにグリンピースを加え、蒸らす。

たけのことわかめの酢味噌かけ

たけのこの酢味噌かけ
〈材料〉 5人分
茹でたけのこ(穂先) 100g
わかめ(生) 100g
ブロッコリー(あれば) 100g
酢みそ
酢 大さじ1
味噌 大さじ2
砂糖 大さじ1
みりん 好みで
〈作り方〉
① 茹でたけのこは薄切り、わかめは食べやすい大きさに、ブロッコリーは小房に分けて塩茹でする。
② 酢味噌はすりばちで摺り、なめらかに溶いておく。
③ ①を器に盛り、酢味噌をかける。

干たけのこのきんぴら

干たけのこのきんぴら
〈材料〉 5人分
干たけのこ(水で戻して) 100g
炒め用油
調味料
砂糖 小さじ2
濃口醤油 小さじ2
みりん 小さじ2
白ごま 大さじ1/2
一味唐辛子 少々
〈作り方〉
① 干たけのこは水で1~2日戻して千切りにし、油で炒める。
② 水を少し入れて蒸し炒め、調味してしばらく煮る。
③ 器に盛り、ごまと一味を好みでふる。

たけのこと三つ葉のかき玉汁

たけのこのかき玉汁
〈材料〉 5人分
茹でたけのこ(根のかたい方) 50g
三つ葉 30g
卵 1.5個(天ぷらの残りで)
鰹だし
鰹節 10g
水 900cc
薄口醤油 大さじ1
塩 小さじ1
酒 大さじ1
片栗粉 大さじ1
水 大さじ1
〈作り方〉
① 水を沸騰させて鰹節を入れ、再び沸騰したら火を止めて2分おいたら濾す(鰹だし)。
② ①に薄口、塩、酒で味をつけ、薄切りにした茹でたけのこと三つ葉を入れ、水溶き片栗粉でとろみをつけ、溶き卵を流し入れる。

104回目のかごしま食育レシピ


焼きナス

NPO法人霧島食育研究会 鎌田瑞恵

 

この時期ナス料理はいろいろありますが、一番シンプルなものは「焼きナス」。アツアツで食べてよし冷やしてよしですが、子どもの頃、祖母の焼きなす作りを初めて見たときには、びっくりしました。

ガスレンジの上に焼き網をのせ、ナスをポンとのせて強火にかけて箸でナスを回しながら真っ黒になるまで焼いているのです。ナスからはプツプツと汁が出てくるし、黒くなっ皮が落ちてくるしで、ガスレンジはすごく汚れてしまいます。思わず祖母に「魚焼きグリルで焼いたらいいのに。」と言うと「こうちのほうがうめたっど!汚れは洗えば済むがね」と祖母の一声。なすに火が通ると、ヘタのところ持ち上げて熱いうちに手早く皮をむいて一口大に切ると皿に盛り付けていました。「ばあちゃん熱いからナスに水かけたら?」と言うと「水につけると水っぽくなるから、つけんほうがよか!」とまた一声。おいしく食べることにこだわる祖母らしい返事でした。6年前に祖母は他界してしまいましたが、焼きナスを見ると祖母の作る姿が浮かんでくるのでした。

 

 

 

材料 (4人分) ・ナス  2~3本 ・かつお節  適量 ・醤油 適量

 

 

  •  ナスは、ヘタの回りに包丁で軽く切り込みを入れておく。焼き網(なければ魚焼きグリル)にのせて強火にかける。全体が真っ黒になり箸でおさえて固いところがなくなれば、網から降ろして熱いうちにヘタのところから皮をむく。
  •  食べやすい大きさに切り皿に盛り付けてかつお節をのせ醤油かける。(冷ましてもいい)11947991_662332910569680_8955112970265746156_o