里山自然学校「陶器と秋の宝物さがし」(平成27年9月13日)


今日は。里山自然学校。
「秋の里山宝物さがし」「大豆とお米のぽん菓子」「陶器作り」のプログラム。
たからもの探しは8つの指令があって、それをお弁当箱に。

霧島食育研究会農場は、すっかり初秋の装い。

宝物の「紫色のもの」「黄色の物」「ざらざらしたもの」「おいしそうなもの」・・・・・たくさんの素敵なおたから発見できました。陶器は紅葉釜の須藤亜矢子さんに、ご指導いただき、かわいいものができました。

11953292_663165027153135_450332826251920132_o11999579_663165023819802_2349099070946679126_o 12006103_550069311813544_8001994335294127582_n

かごしま郷土料理マイスター講座第二期(平成27年9月13日)


今日はかごしま郷土料理マイスター講座の第二期昼コース。
テーマは徳之島料理。
「豚どうしばん」「魚汁」「豚みそ」「ふなやき」。
講師は、芝香織さん。いやーー全部たいそうおいしかった!!です。
なり味噌とザラメで漬けこむ「ぶたみそ」は絶品!!豚を漬けたみそも、炒め物などに利用するとおいしいとのこと。
「どうしばん」は、霧島の「ずし」とかと同じ雑炊。米に近くにある野菜とだしになるものを入れて、少量の米を大人数で食べる技。その地域ごとに味の基本となるだしがちがいます。霧島だと「鶏」、霧島川を下っていくと「鮎」、南薩では「サバ」、徳之島だと「貝」や「豚」、全く違っているようであって、とっても似た料理。そういうのがおもしろいです!

11951703_661188094017495_7374430272136779341_o11224605_661188090684162_4169533551074501986_o

霧島版和食検定ジュニア編(平成27年9月6日)


今日はジュニア和食料理教室の二回目。講師は霧島食育サポーターの皆様。青菜の白和えや鶏肉の黒酢煮にご飯、味噌汁も作ります。
食材や調理法も、これまでの経験を活かし、厳選しています。ゴマを炒る、出汁をとる、下味をつける、炒める、煮るなどを、時間をかけすぎず、作っていきます。
レシピは渡さず、スタッフと子どもさんが、会話を通して作り上げていきます。最初はごまの香ばしさや黒酢の風味を「くさい!!」と言っていた子どもさんも、いただくときは「おいしい~~!!」と。

そして、次回の「お弁当つくり」に向けて、自分だけのオリジナルお弁当を、デザインしましたよ。ご飯や、野菜、肉や魚のおかずの大まかな量だけ伝えて、一人ひとりスタッフと一緒に、作りたいお弁当を紙に書き入れていきます。来月はこのデザイン画をもとに作り上げていきます。楽しみです!

11998820_660319030771068_3677658589208737809_n11958159_660319027437735_5919742554464321144_o