第12回「霧島・食の文化祭」開催します!平成27年12月13日(日)


今年も「霧島・食の文化祭」を開催します!今年も、「霧島の食文化」に会いにきませんか?

これまでの1500皿の家庭料理から、霧島食育研究会が独自の視点で選んだ10皿の「霧島の食文化遺産」をパネル展示します。

また、「ばあちゃん直伝レシピ」の展示も行います。これは「ばあちゃんに教わった料理やばあちゃんが作っていた料理」をその孫が作り、「ばあちゃんの生まれた年」ごとに並べてみる取組です。長い年表には、明治から昭和までの年代が記されており、そこに「ばあちゃんの料理」が並びます。つまり、80歳の方がそのおばあちゃんの料理を出してくだされば、それは約130年前くらいの料理をいえます。130年前の建物であれば、立派な文化財であるのと同じように、130年まえの料理は、その地域の大事な食文化遺産であるといえます。

ぜひ、皆様も「ばあちゃんに教わった料理・ばあちゃんが作っていた料理」の持ち寄りをおねがいいたします!

いつのも「家庭料理大集合」へのご協力も併せてよろしくおねがいいたします!

 

第12回「霧島・食の文化祭」開催要項

日時 平成27年12月13日(日)10時から15時

場所 霧島市霧島 霧島保健福祉センター

主催 NPO法人霧島食育研究会

後援 霧島市

テーマ「子や孫に残したい霧島の食はなんですか」

目的 「食」を大切にする文化を育てよう!〜霧島の食文化の継承と創造〜

 

内容

霧島食育研究会推薦「霧島の食文化遺産1~10」

第1回~11回までの1500皿の中から選定

100皿の家庭料理大集合

ばあちゃん直伝レシピ(年表で見る「ばあちゃんに教わった料理」ばあちゃんの生年ごとに料理を展示)

食べもの絵手紙

各地の食育活動ワークショプ

包丁とぎ体験

霧島の母ちゃんの味(豚汁・おこわ・)

霧島の食育コーナー

はし使いワークショップ

写真で「21世紀家庭料理大集合」

霧島の食と農の体験コーナー

食育絵本読み聞かせ

アレルギーに関する展示

ばあちゃんと孫のちゃぶ台カフェ

霧島ばっばんの味 (そばずい)

東日本大震災支援のための「東北のおいしいもの」即売会

など

 

入場 無料

12200473_739244559513973_1097588860_n

里山自然学校「陶器と秋の宝物さがし」(平成27年9月13日)


今日は。里山自然学校。
「秋の里山宝物さがし」「大豆とお米のぽん菓子」「陶器作り」のプログラム。
たからもの探しは8つの指令があって、それをお弁当箱に。

霧島食育研究会農場は、すっかり初秋の装い。

宝物の「紫色のもの」「黄色の物」「ざらざらしたもの」「おいしそうなもの」・・・・・たくさんの素敵なおたから発見できました。陶器は紅葉釜の須藤亜矢子さんに、ご指導いただき、かわいいものができました。

11953292_663165027153135_450332826251920132_o11999579_663165023819802_2349099070946679126_o 12006103_550069311813544_8001994335294127582_n

かごしま郷土料理マイスター講座第二期(平成27年9月13日)


今日はかごしま郷土料理マイスター講座の第二期昼コース。
テーマは徳之島料理。
「豚どうしばん」「魚汁」「豚みそ」「ふなやき」。
講師は、芝香織さん。いやーー全部たいそうおいしかった!!です。
なり味噌とザラメで漬けこむ「ぶたみそ」は絶品!!豚を漬けたみそも、炒め物などに利用するとおいしいとのこと。
「どうしばん」は、霧島の「ずし」とかと同じ雑炊。米に近くにある野菜とだしになるものを入れて、少量の米を大人数で食べる技。その地域ごとに味の基本となるだしがちがいます。霧島だと「鶏」、霧島川を下っていくと「鮎」、南薩では「サバ」、徳之島だと「貝」や「豚」、全く違っているようであって、とっても似た料理。そういうのがおもしろいです!

11951703_661188094017495_7374430272136779341_o11224605_661188090684162_4169533551074501986_o