霧島版和食検定ジュニア編(平成27年9月6日)


今日はジュニア和食料理教室の二回目。講師は霧島食育サポーターの皆様。青菜の白和えや鶏肉の黒酢煮にご飯、味噌汁も作ります。
食材や調理法も、これまでの経験を活かし、厳選しています。ゴマを炒る、出汁をとる、下味をつける、炒める、煮るなどを、時間をかけすぎず、作っていきます。
レシピは渡さず、スタッフと子どもさんが、会話を通して作り上げていきます。最初はごまの香ばしさや黒酢の風味を「くさい!!」と言っていた子どもさんも、いただくときは「おいしい~~!!」と。

そして、次回の「お弁当つくり」に向けて、自分だけのオリジナルお弁当を、デザインしましたよ。ご飯や、野菜、肉や魚のおかずの大まかな量だけ伝えて、一人ひとりスタッフと一緒に、作りたいお弁当を紙に書き入れていきます。来月はこのデザイン画をもとに作り上げていきます。楽しみです!

11998820_660319030771068_3677658589208737809_n11958159_660319027437735_5919742554464321144_o

かごしま郷土料理マイスター講座 昼27回 夜26回(平成27年9月1日)


かごしま郷土料理マイスター講座 第一期夜27回・昼26回。
「徳之島」の「かしゃ握り」「アンバカスと野菜炒め煮」「オクラと冬瓜の味噌汁」「いんむぎゅ」「パパイヤの一夜漬け」「赤うりの即席漬け」。

講師は、徳之島町出身の芝香織さん。お母さんも徳之島から駆けつけてくださいました。

「アンバカス」はあぶらかす、「いんぎゅむ」は「炒った麦」。卵焼きでくるんだご飯の中には生姜のきいた豚みそ、糸芭蕉の葉でくるんで、お弁当やお土産に。

30回くらいは通っている徳之島は、郷土料理の力強さ、奥深さ、心意気を教えてくれた大切な場所です。手に入る材料で、食べる人の好みや体調に合わせ、暮らしに寄り添って作る料理を郷土料理というのではないかと思います。(千葉)

11922789_859961384082482_6486160134286901459_o