南日本新聞「かごしま食育レシピ」掲載。第99回「春野菜の豚ロール」27年4月15日


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

野菜の豚ロール

 

NPO法人霧島食育研究会 堀之内美穂

 

小学3年の娘と料理するのが休日の楽しみの一つです。娘は野菜が少し苦手なのですが、家庭菜園の玉ねぎを、いっしょに収穫してサラダにしたり、ハンバーグに入れると喜んで食べてくれます。ハンバーグをこねるときは、丸い形だけでなく、いろいろと工夫してかわいいハート型にしたり、煮物を作るときは人参を星形に型抜きしたりと、自分で作ったという達成感や、かわいい形でさらに楽しく食事しています。

 

最近のお気に入りが、春野菜を豚肉で巻きフライにしたこの料理。アスパラガスやニンジン、山芋など、色合いがきれいです。私は山芋の皮むきで手がかゆくなるのですが、娘は大丈夫なので、ピーラーでむいてくれました。チーズを入れたものをいくつか作ると、食べた時「当たり!」と言って喜んで食べています。野菜のシャキシャキ、サクサクとした食感と豚肉のうま味が食欲をそそります。つけるソースはお好みですが、娘はケチャップ、静岡出身の私は「味噌カツ用の味噌だれ」、関西出身の夫は「ソース」で食べています。お好みでどうぞ。

 

 

 

材料 4人分

 

豚ローススライス 8枚(200g)

 

塩・コショウ 適宜

 

山芋 100g

 

新ごぼう 80g

 

人参 100g

 

アスパラガス 2~3本

 

チーズ 80g

 

小麦粉・溶き卵・パン粉 適宜

 

ケチャップ、ソースなど

 

 

 

①    アスパラガスは塩少々を入れた湯で茹で、3~4等分に切る。

 

②    新ごぼう、人参はひょうし木に切りにして油で素揚げし、山芋・チーズもひょうし切りにする。

豚肉を広げ塩コショウをし、①②を3~4種類組み合わせて芯にして、くるくるまき小麦粉を全体につけ、溶いた卵、パン粉の順でつけ、170度の油できつね色になる

 

第94回 4月の霧島たべもの伝承塾は「あくまき」「地粉の手打ちうどん」「山菜天ぷら」27年4月29日


霧島たべもの伝承塾。
4月はいつも「あくまき」。
今回は霧島食育研究会農場で開催。
煮ている間に、増田君指導で「地粉のうどん打ち」。山菜なども農場で収穫して菜種油で天ぷらに。山菜天ぷらうどんと、さしいれの煮しめや手巻きすしなど、おいしく頂きました。あくまきも、ゼリー状の飴色のおいしいのが出来上がりました!

11071924_605138542955784_4309033514049108663_n11193244_605138362955802_3622299525260658654_n11150856_605138416289130_2179528481937893470_n

4月のかごしま郷土料理マイスター講座「鰹」開催


今月のかごしま郷土料理マイスターの様子です。
頭をつかった「びんた料理」。塩だけのだしがとてもおいしく目からうろこでした。講師は、もと魚市場のセリ人の白石さん。

4・5名で まるごと1本をさばいて料理しました。鹿児島では、初鰹は2月から獲れはじめるとのこと。たたきも角煮も、どれもおいしかったのですが、生の腹皮のから揚げは初めての味。最高でした!

21744_794590643952890_419340843346192440_n11138563_793861414025813_8679633620675388320_n11169853_799325623479392_2927832359888884745_n