27年1月10日 わんぱく自然学校「肉まん」作り


今日は、「わんぱく自然学校」。今日は子ども達の待つ、わんぱくランドさんに出張。「にくまん」を一緒に作りました。粉をはかったり、こねたり、肉あんをこねて、包んで。計量も、口出しせずに、子ども達にしてもらいます。出来上がりが、生地も肉あんもおいしくて大満足の様子でした!

10923633_554915227978116_28430569799759256_n10426886_554915194644786_344585999892714558_n

27年1月9日 かごしま郷土料理マイスター講座「桜島の郷土料理」


1月のかごしま郷土料理マイスター講座は「桜島の料理」
桜島白浜のファームランド桜島の村山さんご家族に教わりました。

世界一大きな大根「桜島大根」と世界一小さなみかん「桜島こみかん」を使った、村山さんのご家庭の味を伝授してくださいました!

桜島産のとれたて寒ぶりと桜島大根で「ぶり大根」は地酒や焼酎を使って、なんとも味わい深く、桜島大根をたっぷりとれる「こっぱ汁」は、野菜のだしとみその風味がとてもあまくおいしかったです。

「桜島大根のごはん」は生姜と昆布で炊き込んだ優しいお味。

「桜島大根のなます」も、桜島小みかんの皮の香りがとてもさわやか。

「桜島大根のステーキ」や「桜島大根のビール漬け」も教えていただきました。

本当にありがとうございました!

10906003_742779532467335_6700265608723050661_n10917632_742822512463037_1819805324_n10923784_742779525800669_174317564870660077_n

27年1月1日 南日本新聞に「霧島・食の文化祭」の記事掲載


明けましておめでとうございます。

ありがたいことに今日の南日本新聞に、戦後70年の特集記事「伝える」のテーマで、「霧島・食の文化祭」の記事が掲載されました。その中で、家庭料理大集合に出品されたいくつかの料理の紹介がありました。伊地知さんの、「雨で畑仕事ができない父が、七輪で作ってくれた『やっだご』の写真」も載っています。本文中には、エンガワスタジオの吉国あかねさんの100歳のおばあちゃんの「落花生いりのいり物」の紹介もあります!

私の言葉として「郷土料理や家庭料理は土地の文化や暮らしと結びついている。家族においしいものをたべさせたいという心意気は昔も今もかわらない」と結んでくださっています。ありがとうございます!10341572_549660378503601_4657096428521626891_n