6/29・7/13霧島たべもの伝承塾(単発の講座) ご案内


霧島たべもの伝承塾
会場:霧島保健福祉センター(霧島市 霧島 田口 500 神の湯となり)
参加費:各回2800円
持参品:エプロン、室内用スリッパ
募集:先着15名(どなたでも参加できます。定員に達し次第締め切り)
講師:千葉しのぶ(NPO法人霧島食育研究会 理事長)

【6月29日(月)】10時~13時(9時45分受付)
「鶏飯」「黒糖揚げ菓子(サーターアンダギー)」「もずくの酢の物」「あおさのりの天ぷら」
※黒糖揚げ菓子はお持ち帰りのお土産あり。

【7月13日(月)】10時~13時(9時45分受付)
「田植え団子(竹の皮につつんださつまいも団子)」「ひら(塩サバと野菜の煮物)」「くさぎなの炒め物」など
※田植え団子はお持ち帰りになります。

鶏飯田植えだんご

とんこつ レシピ


豚骨

〈材料〉 4人分
豚骨 8切
大根 500g
ごぼう 100g
こんにゃく 100g
生姜(煮込み用 40g、飾り用 10g)
さやいんげん 4本
菜種油 大さじ4
焼酎(25°のもの) 100cc
みそ 80〜100g
砂糖 40g
濃口醤油 大さじ1

〈作り方〉
① フライパンに油をひき、豚骨に両面焼き目をつける。
② 焼酎を入れる(油が飛ぶのでフタをする)。
③ フタを開け、時々返しながら焼酎をよくまぶし、透明な油だけになったらザルにあげて熱湯をかける。
④ 下ごしらえしたとんこつを圧力鍋に入れ、ひたひたの水と生姜の薄切りを入れ、圧力がかかってから15分煮る。
⑤ 圧力が下がったらふたを開け、大根、ごぼう、こんにゃくを入れ、材料がひたひたになるように水を足す。
 みそと砂糖を分量の半分ずつ入れ、再度15分圧力をかける。
 その後、火を止め、圧力が下がったらふたを開けて、残りのみそと砂糖を加え、汁気が半分くらいになるまで煮詰める。
 最後に濃口醤油を加える。
⑥ 別茹でしたさやいんげんと一緒に盛りつけ、千切りにした生姜を飾る。

かごしま郷土料理マイスター講座開催について


ご案内です。
5月16日(土)、5月21日(木)の かごしま郷土料理マイスター講座は、予定通り実施します。

① マスク着用
② 出来上がりの料理は持ち帰り
で、おこないます! どうぞよろしくお願いします。

なお、
県民交流センターより、以下の来館者への依頼がございました。
(当研究会も、これを遵守し、実施いたします。ご協力どうぞよろしくお願いいたします。)

皆様へのお願い
• 国の緊急事態宣言を受け、鹿児島県では県外の皆様に不要不急の帰省や旅行などによる来県を自粛するようお願いしておりますので、県外の方の入館はご遠慮ください。
• 発熱 (37.5度以上)の症状がある方、体調の優れない方は入館をご遠慮ください。
• 「三密」(密集,密接,密閉)を避けましょう。
• マスクの着用をお願いします。
• 咳エチケット、身体的距離の確保 (できるだけ2メートル)に努めましょう。
• 出入口には消毒液が備えてありますので、入館時の手指消毒をお願いします。また、こまめな手洗いについてもお願いします。

その他、主催者へ以下の確認をとるよう要請がありました。どうぞよろしくお願いいたします。
• 全員が、2週間以内に県外に行ったことが無いものであること。
• 当日の参加者に陽性者や濃厚接触者が出た場合は、主催者へ必ず連絡すること。その後主催者はセンターに連絡すること。

さつますもじ