追加募集!かごしま郷土料理マイスター講座 3期生(昼夜)


かごしま郷土料理マイスター追加募集

3期生 昼・夜コースともに、5名の追加募集をいたします!

土曜・祝日の開講を基本としています。
料理の勉強をしながらおいしいご飯* 土曜祝日の時間を有効に活用できます。
ご興味のある方は、ご連絡くださいませ!!

霧食2015top-3

鹿児島の郷土料理ってなんでしょう?
春は「あくまき」「すもじ」に「つわの煮しめ」、「高菜の漬物」もおいしいし、ふっのだご(よもぎ団子)や「かからん団子」も懐かしい。夏になると、「へちまのみそ炒め」「苦瓜料理」「お盆の料理」、秋は「芋こんにゃく」「手作り豆腐」「手打ちそば」「がね」、冬は「あわんなっと」「ねったぼ」「えびだしの雑煮」などなど。
温帯から亜熱帯にかけて南北600キロメートルにも及ぶ日本有数の自然豊かな鹿児島。錦江湾、東シナ海、太平洋、シラス台地といった変化に富む地域で、そこで育まれた食材や食文化は長い年月を経て、地域ごとに豊かに色濃く成熟し、それぞれ鹿児島独特の食を形成しています。そこには、その地域にあるものを大切に育て作り続けるだけでなく、伝統を重んじながらも常に工夫を磨く、鹿児島に暮らす先人の知恵がありました。
その知恵を今、学んでみませんか?
そして、家庭や地域に、その知恵を継承していきませんか?

この「かごしま郷土料理マイスター」事業では、鹿児島の文化遺産ともいえる鹿児島の郷土料理を学び、さらに家庭や地域で継承できる人材を育成します。
月1回開催し、3か年継続する予定(計36回)です。
受講者は10回受講後、「初級かごしま郷土料理マイスター」、20回受講後「中級かごしま郷土料理マイスター」、30回受講後「上級かごしま郷土料理マイスター」に認定します(どの回を受講しても、参加回数合計で認定)。

1、 主催:NPO法人霧島食育研究会
2、 実施スケジュールおよび内容
開催予定(3期生~4月までの分)
 1月8日(月・祝) 桜島大根料理
 2月12日(月・祝) 薩摩川内市の鯨料理
 3月17日(土) 霧島の「きいこん」など
 4月14日(土) 北さつまのたけのこ料理
② 会場:鹿児島県民交流センター東棟5階調理室
③ 講師:千葉しのぶ(NPO法人霧島食育研究会理事長・鹿児島女子短期大学講師・管理栄養士・フードコーディネーター)および鹿児島県内の料理研究家
④ 対象者と募集人員:18歳以上、25名(初回までに人員が20名に満たない場合は開催延期)
⑤ 持参品:エプロン、筆記用具など ※履物は履き替える必要はありません。
3、 参加費
入会時(初回徴収)
入会費 10,000円
教材費 6000円(テキスト・プリント代)
経費 5000円(ネーム・受講カード・認定証3枚)
毎回・・・受講料 3500円(受講料・食材費・会場使用料・保険含む)

霧食2015top-10

きいこん レシピ


きいこん

きいこん
地鶏と野菜を煮込んだ霧島のおもてなし料理。
材料を「切りこん」で鍋に入れることから、その名がついたといわれます。

〈材料〉 4人分
鶏ぶつ切り肉 400g
大根 400g
人参 200g
ごぼう 100g
干椎茸 5~6枚
こんにゃく 150g
厚揚げ 1枚
油 大さじ2
本みりん 70~80cc
淡口醤油 70~80cc
絹さや 10枚

〈作り方〉
① 大根、人参は大ぶりに切り、ごぼうは乱切りに。
 干椎茸は水で戻し、こんにゃくは手でちぎる。
 厚揚げも食べやすい大きさに切る。
② 鍋に油をひいて熱し、ぶつ切りにした鶏肉を炒める。
 絹さや以外の材料も加え、油がまわったらひたひたに水を加え、本みりんと淡口醤油も加えて煮含める。
③ 器に盛り、塩茹でした絹さやを添える。

かるかん レシピ


かるかん
かるかん

〈材料〉 かるかん饅頭20個分
山芋(自然薯または大和芋) 200g 
砂糖(上白糖) 300g 
かるかん粉 250g
水 100cc
塩 少々
練りあん 250g

〈作り方〉
① 練りあんは20等分し、丸めてから、すこしつぶした形にする。
② 山芋は厚めに皮をむき、水にさらし、丁寧にすりおろす。
③ 水30ccを加えてよく混ぜ、砂糖と残りの水を加えてよく混ぜる。
④ かるかん粉を加え、混ぜ合わせる。
⑤ かるかん用の器に生地を7分目まで入れ、あんをのせ、爪楊枝を使って生地をあんの中心にかぶせるようにする。
⑥ 蒸し器で強火で25分蒸す。手で持てる程度に冷めたら、爪楊枝を使って型からはずす。粗熱がとれたら包装する。