かごしま食育レシピ92「スイカのキラキラゼリー」平成26年8月19日掲載


スイカのきらきらゼリー

NPO法人 霧島食育研究会 千葉しのぶ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

幼いころの夏のスイカは大イベント。家族が集まって、ポンポンと表面をたたき熟しているか判断し、慎重に包丁を入れた瞬間の「パリン!」と弾けるような音。切り目からのぞく赤い果肉が子ども心を躍らせたものです。

大ぶりに切られたスイカを皿にのせ、種を先割れのスプーンで丁寧にとって、果肉だけにしてからおもむろに口に含むと、甘い果汁が口に溢れました。シャツにこぼしシミにならないようにと気をつけながら、白い皮ギリギリまですくって食べていました。

スイカにかぶりつく美味しさにはかなわないかもしれませんが、小さい子ども達にも簡単にチャレンジできるゼリーを作ってみました。小玉のスイカを半分に切り、表面から、小さな丸型をたくさんくりぬき、好みの果物をどっさり入れます。しっかり固まり、いつも食べる形に切り分けると、夏の日光に透明なゼリーがキラキラしてとても涼しげです。西瓜をきれいにくり抜くのではなく、あえてでこぼこにするのがコツ。お試しあれ。

 

小玉すいか 二分の一個

粉寒天 2グラム

水 300CC

砂糖 40グラム

バナナ 一本

キウイ 二分の一個

みかん缶詰 100グラム

ブルーベリー 50ℊ 等 好みの果物

 

1、     小玉西瓜を半分に切り、表面から小さいスプーンなどを使って球形にくり抜く。西瓜の底は、なめらかになるようにくり抜くより、ゼリーが密着するよう、あえてデコボコにしたほうがよい。

2、      みかんの缶詰を汁ごとボールに入れ、バナナの薄切りを加える。(バナナの変色を抑える)。キウイは皮をむき、いちょう切りなど食べやすい大きさに切る。

3、     水を鍋に入れ、火にかけ沸騰したら、粉寒天を入れ、透明になるまでかきまぜる、火を止めてから砂糖を加え溶かし、寒天ゼリー液を作る。

4、     西瓜に3の寒天ゼリー液を半分いれ、そこにくり抜いた西瓜、汁をきったみかん缶、バナナ、ブルーベリーを入れる。多少すきまがあるようにしておく。

5、     残りの寒天ゼリー液を、西瓜のふちまで注ぎ、冷蔵庫で冷やし固める。

6、     しっかり固まったら、半分に切り、さらに食べやすい大きさに切り分ける。

※くり抜いた西瓜で残ったものは、そのまま食べたり西瓜ジュースにするとよい。

大口東小学校の皆様 「バームクーヘン作り」26年8月12日


大口東小学校のお母さんとお子さんが、バームクーヘン作りの研修においでくださいました!お子さん方が、みんな仲良く、話す言葉が優しいのに、びっくりしました。

出来上がりの時間に差があったのですが、みんな辛抱強く、一生懸命作っていました。さきにできた分を、すこし、「まだ作っているお友達に分けてあげていい?」と聞いたら、喜んで「いいよ」と言ってくれるし、最後にできた分を、味見した別の班の子どもさんが「これがいちばんおいしい!」と言っていたり、自然な思いやりのある振る舞いに、こちらも、暖かい気持ちになりました!ありがとうございました!

10533490_483821368420836_6231585753893853709_n

「知っておきたい日本の食べ物」~霧島版和食検定 ジュニア編 26年8月10日


今日は「知っておきたい日本の食べ物」~霧島版和食検定 ジュニア編
の二回目。

前回は「ごはんを炊く」、今回は「だしと汁物」。
お出しの味見のあと、キャベツと揚げの味噌汁と、ふわふわの豆腐と卵の御汁を作りました。
「味見をしてから盛り付けてね」と伝えました。
みんな、とっても上手に作っていました!

10603580_482948868508086_9080813086502499357_n

10527389_482948928508080_7670428756677065700_n