南日本新聞「かごしま食育レシピ90」掲載  サバの味噌煮缶 平成26年6月17日


OLYMPUS DIGITAL CAMERA幼いころの「サバ缶」はごちそう。特にみそ味のサバ缶は好きだ。この時期だと旬の「大名竹」とよく合う。田植えの時期になると、近所から採れたての大名竹が届けられたので、よく、母は、豆腐やちくわも加えみそ味の煮物を作った。サバ缶にはうま味たっぷりの味もついているし、鍋に入れて煮るだけなので、農作業の忙しい時期には重宝したと思う。汁けが少なくなるにつれて、サバとみその香りで台所がいっぱいになる。

出来上がると、母や私たち子どもは大皿で一緒に箸をつつくのだが、父だけは専用の小皿に取り分けられた。同じ料理なのに、父の皿には、特別なものが入っているような気がし、「とうちゃん、うんめな?」と聞いた。父は、晩酌の焼酎片手に、にっこり笑い、自分の皿のサバの身を細かくほぐし、甘からい汁をたっぷりつけて、私や妹、弟のごはんの上に、ちょこんとのせてくれた。汁のしみたごはんはとてもおいしく、お代わりもすすんだものだった。

あの時の、今は亡き父母のぬくもりを思い出しながら作るひと品は、今でも私の心を温かくする。

NPO法人 霧島食育研究会 谷山康子

 

4~5皿分

サバの味噌煮缶 2缶

豆腐     1丁

大名竹  3本

ちくわ   2本

みそ   大さじ4~5杯

さとう  大さじ1~2杯

※  みそ、砂糖はサバ缶の味付けで加減する

 

1、豆腐・ちくわは食べやすい大きさに切り、大名竹はななめ薄切りにする。

2、鍋に、1とサバの味噌煮缶を汁ごといれ、ひたひたになるよう水を加える。みそ・砂糖は、サバ缶の味付けを確認してから加える。

3、落し蓋をして、汁けが少なくなるまで煮含める。

霧島食べもの伝承塾 第85回  田んぼの御馳走(ひら・田植え団子)


6月の霧島食べもの伝承塾。

献立は。田植え団子、かからん団子、けせん団子。それに、ひら(塩サバと野菜などの煮物)、大名竹の味噌汁に、豚肉とメロンのサラダ等。

塩サバと野菜を煮る「ひら」ですが、なんともいえぬ美味しさ。

田植え団子は、参加者さんの思いつきで、けせんの葉を巻いてみました~!10433938_458450770957896_8986549517396401939_n 10478137_458450654291241_7094736494353130490_n

かごしま食育レシピ89「新玉ねぎのふんわりかき揚げ」平成26年5月20日 


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

新玉ねぎのふんわりかき揚げ
NPO法人霧島食育研究会 堀之内美穂

新玉ねぎ 中二個(400g)
グリンピース 100g
桜えび 10g


小麦粉 100g
卵 一個
冷水 200cc
塩 適宜

① 新玉ねぎは5ミリ~1センチくらいに縦に切り、グリンピースはさっと下茹でしておく。
② 卵を溶き、冷水を加え小麦粉も合わせ衣をつくり、新玉ねぎ、グリンピース、桜えびを軽く混ぜ、食べやすい大きさに形を整え、170度の油で3~4分くらい、浮き上がり油の泡が小さくなるまで揚げる。
③ 油が切れたら器に盛り、塩を好みで振る。

昨年の秋に、近くのスーパーで、玉ねぎの苗を一束買いました。一束が100本もあり、びっくりしながらも、引っ越して間もない霧島の家の庭の畑に、小学一年の娘が新しい長靴を汚しながらせっせと植え付けしました。

畑は1月から2月の寒い時期は霜柱が立ち、その光景が珍しくて娘と一緒に足で踏んで、「シャリシャリ」した音を楽しんだりしていました。暖かくなって、菜の花やチューリップの花が咲くころになると、娘は「もういいかな?......」と玉ねぎの成長が気になって仕方ありません。

4月の中旬になると、待ちきれなくなって、娘が収穫し始めてしまいました。足を踏ん張って両手で引っ張っても抜けず、2人で一緒に引っ張るとようやく抜けました。大きい玉ねぎと小さな玉ねぎに一喜一憂しながら収穫していました。

「ばあばに持っていく!」と、最初に収穫した玉ねぎを義母宅に届けると、その日の夕食に料理してくれたのが、このかきあげです。娘がどうやって植えたのか、どんなに待ち遠しかったのか一生懸命、義母に話す姿を見て、みんなでふんわりと温かいかき揚げを食べました。