さつますもじ レシピ


さつますもじ

さつますもじ
〈材料〉 4~5人分
米 3合
◎合わせ酢
 酢 大さじ4(60cc)
 砂糖 大さじ4(40g)
 塩 小さじ2(10g)
地酒 大さじ3~4
◎薄い味付けの具
 鶏もも肉 100g
 人参 60g
 ごぼう 60g
 茹でたけのこ 60g
 淡口醤油 大さじ1
 みりん 大さじ1
◎濃い味付けの具
 干椎茸 4枚
 干きくらげ 40g
 濃口醤油 大さじ1.5
 砂糖 大さじ1
 本みりん 大さじ1
◎塩茹でする具
 さやいんげん 5本
 塩 少々
◎湯通しする具
 さつま揚げ 2本
 かまぼこ 40g
◎錦糸卵
 卵 3個
 砂糖 大さじ1
 塩 小さじ1/5
 片栗粉 大さじ1
 水 大さじ1
木の芽 適宜

〈作り方〉
① 米3合に、水は同量の分量を最初加えますが、ここから、合わせ酢の分量100ccを引いてすし用の固さのご飯を炊きはじめる。
② 干椎茸と干きくらげは水で戻して細切りにし、分量の調味料とひたひたになるように戻し汁を加え、煮詰める【濃い味付けの具】。
③ さつま揚げ、かまぼこは薄切りにし、湯通しする【湯通しする具】。
④ 茹でたけのこ、人参は1cm角の薄切りに、鶏肉は1cm角に、ごぼうはささがきにして水につけてアク抜きし、分量の調味料とひたひたになるよう水を加えて煮る(茹でたけのこは飾り用に少し穂先を縦に切っておくとよい)【薄い味付けの具】。
⑤ 溶いた卵に、調味料と水溶き片栗粉を加えて薄焼きにし、細切りにして錦糸卵にする。
⑥ 塩ゆでしたさやいんげんは、細切りにする【塩茹でする具】。。
⑦ 炊きあがったご飯を寿司桶などにうつし、合わせ酢を加え、しゃもじで切るように混ぜながら冷ます。①~④の具も合わせ、好みで地酒で手をぬらしながら、ご飯粒が一つ一つ離れるくらいに混ぜる。
⑧ ⑦を皿にこんもりと盛り、錦糸卵、さやいんげん、飾り用のたけのこや木の芽を飾る。
目に鮮やかな色とりどりの具材と、合わせ酢の甘い香りが食欲をそそります。

平成29年度 霧島里山自然学校 参加者募集!!


霧島のぼる農園で里山自然学校

「霧島里山自然学校」は、毎年、子どもにも大人にも大好評!
美しい霧島山麓の田んぼや畑で、食を大切にする心を育む体験プログラムです。
大豆や米の「植え方から食べ方まで」を中心に、青竹そうめん流しやピザ釜などを楽しく体験♪♪
ぜひ、ご家族やお友達とご参加ください~

【場所】
霧島田口の霧島食育研究会農園(最終回の11月26日は霧島保健センター)
【日時・期間】
5月~11月の日曜日、計7回(下記スケジュール参照)
【対象者】
幼児~小学生とその保護者

【平成29年度 里山自然学校スケジュール】

曜日 時間 内容 参加費
(4歳以上1人)
材料費
(予定1人分)
5 21 (日) 10:00~13:00  米の種まき、焼き草餅つくり 1,000円 300円
6 25 (日) 10:00~13:00  田んぼでどろんこ遊び&田植え、はがまごはんと豚汁など 1,000円 500円
7 23 (日) 10:00~13:00  大豆の種まき、青竹の流しそうめん、夏の里山宝物さがし 1,000円 600円
8  お休み
9 10 (日) 10:00~13:00  ピザ釜&ピザ作り、秋の里山宝物さがし 1,000円 500円
10 15 (日) 10:00~13:00  稲刈、脱穀、餅つき&ねったぼ作り 1,000円 300円
11 19 (日) 10:00~13:00  大豆の収穫、はがま豆腐 1,000円 300円
11 26 (日)  第14回「霧島・食の文化祭」参加 0円 0円

【会費等について】
※ 入会費:3,000円(1家庭及び1グループにつき、継続の場合は不要
※ 1回あたりの参加費:ひとり1,000円+材料費(上記スケジュール表参照)
※ 3歳以下のお子様は無料(4歳のお誕生月前まで)
※ お休みの際は、必ずご連絡ください。
※ キャンセル料:前日17:00までにご連絡がない場合のお休みは全額、次回いただきます。
※ ご参加は、各月単発でも可能です。単発でのご参加は、1回につき、4歳以上お一人500円増しの参加費をいただいています。

【お申し込み先】
090-4982-8898 千葉

きりしま里山自然学校たからものさがし
青竹そうめん流し体験
ピザづくり

これまでの活動はこちら

あおさ・豆腐・ごま の郷土料理 レシピ


あおさと小えびの天ぷら

あおさと小えびの天ぷら
〈材料〉 4人分
あおさ 100g
干えび 10g
人参 30g
小麦粉 20g
片栗粉 10g
水 適宜
揚げ油 適宜
塩 お好みで
〈作り方〉
① 乾燥あおさは水で戻し、水気を切っておく。
② 人参は細い千切りにする。
③ 干えびはフライパンで炒る。
④ 人参と炒った干えびに、少量の小麦粉と片栗粉をまぶしておく。
⑤ ④にあおさを加え、残りの小麦粉と片栗粉をまぶし、あおさの水分を見ながら、まとまりやすいように水を加えていく。
⑥ ⑤を170℃の油の中へひと握りずつ軽く握りながら落とし、揚げる。お好みで塩等をつけて食べる。

揚げおかべ

揚げおかべ
〈材料〉 4人分
木綿豆腐 1丁
菜種油 適宜
大根 100g
貝割れ菜 20g
◎タレ
淡口醤油 大さじ2
梅干し 2個
砂糖 大さじ1
〈作り方〉
① 豆腐はよく水を切り、三角に切る。
② 梅干しは種をとってたたき、淡口醤油、砂糖と混ぜてタレを作る。
③ 170℃の油で①を揚げ、 ②にくぐらせる。
④ 器に盛り、すりおろした大根と貝割れ菜を添える。

ごま菓子

ごま菓子
〈材料〉 作りやすい分量
いりごま 90g
粉黒糖 大さじ3
水 大さじ2
水あめ 大さじ1
〈作り方〉
① いりごまをフライパンで、から煎りする。
② 小さな鍋に、分量の粉黒糖、水、水あめを入れ、中火にかける。
③ ポコポコと泡がたってきたら弱火にし、キャラメル色になるまで煮詰める。目安として、水の入ったコップに煮詰めた液体を垂らし、固まったら大丈夫。
④ ③に①のごまを入れて混ぜ合わせ、クッキングシートに広げて粗熱が取れるのを待ち、5分程度冷蔵庫で冷やし固め、食べやすい大きさに切り分ける。