ぶり大根 レシピ


ブリ大根

〈材料〉 4人分
ぶり切身 50g×4切
ぶりアラ 200g
大根 500g
生姜 50g
酒 50cc
調味料
 濃口醤油 大さじ2〜3
 淡口醤油 大さじ2
 本みりん 大さじ4〜5
 砂糖 お好みで

〈作り方〉
① 大根は3cm厚さに切り、面取りをし、片面に十字に浅く切り目を入れ下茹でする。
(今回は桜島大根を使用しましたが、通常の大根は輪切りもしくは、大きいようなら半月に切る)
② ブリは水洗いし、熱湯にくぐらせ、血合いやぬめりを取る。
③ 鍋に大根、ぶり、酒、薄切りの生姜を入れ、ひたひたになる程度に水を加えて強火で煮立てる。
 沸騰したら中火にしてアクをとりながら15分ほど煮る。
④ 調味料を加え、味がしみるまで弱火で煮る。甘味が強い方がよい場合は好みで砂糖を加える。
 一晩おくと大根に煮汁がしみこんでさらにおいしくなる。
⑤ 器に盛り付け、千切りの生姜を飾る。

太巻きずし レシピ


〈材料〉 5本分
米 2合(300g)
水 2カップ(400㏄)
◉すし飯用すし酢
 酢 40㏄
 砂糖 20g
 塩 小さじ1と1/3
(または、すし酢 大さじ4)
炒り白ごま 大さじ1
焼海苔 全形5枚
◉卵焼き
 卵 4個
 砂糖 大さじ1
 薄口醤油 大さじ1
えび 中10尾
きゅうり 1本
たくあん 7、8ミリ角で海苔巻きの長さ 5本
人参 7、8ミリ角で海苔巻きの長さ 5本
◉椎茸の甘辛煮
 干し椎茸 6枚
 砂糖 小さじ2
 薄口醤油 小さじ2

〈作り方〉
① 米は分量の水で硬めに炊き、すし酢を合わせ、炒り白ごまを混ぜ、すし飯を作る。
② 卵焼きを作り、5等分にする。
③ エビは串を刺し、まっすぐの形でゆでて、殻をむく。
④ きゅうりは5ミリ角に棒状に切る(10本)。人参は茹でておく。
⑤ 干し椎茸は水で戻し、軸を除き、薄切りにして砂糖、薄口醬油で煮含める。
⑥ 巻きすの上に焼海苔を縦長におき、向こう側2センチを残し、5等分したすし飯を均一の厚さになるように敷き詰める。
⑦ きゅうり、卵焼き、たくあん、人参をのせ、その上にえび、椎茸の甘辛煮をのせる。
(具材は巻きやすいものを手前に、巻きにくいものを向こう側か2段目に置くと巻きやすい)
⑧ 巻きすの手前に海苔の端を合わせ、もち上げるように手前から巻き、海苔の端を下にしてしばらくそのままなじませる。
⑨ 濡らした清潔な布巾で包丁を湿らせながら、8等分する。

鯖の昆布巻き レシピ


さばの昆布巻き

〈材料〉 10本分
鯖 30g×10切
野菜昆布(戻して) 20cm×10本
[調味料]
水(昆布の戻し汁) 適量
ザラメ 80〜100g
濃口醤油 80〜100cc

〈作り方〉
① 昆布は水に1時間ほど浸けて戻し、20cmの長さで10本切る。
② 昆布を広げて鯖を芯にして巻く。
③ 鍋に、巻いた昆布を巻き終わりを下にして並べ、水と昆布の戻し汁を加え、調味料を入れ、弱火で2〜3時間煮る。
④ 半分に切り、器に盛る。