里山自然学校 平成26年度の活動予定


霧島里山自然学校

《 平成26年度 活動予定 》

4月13日 うどん打ち&山菜天ぷらで、天ぷらうどんを作ろう!
5月11日 羽がまで、鹿児島の郷土菓子「あくまき」を作ろう!(落花生植え)
6月22日 田んぼで、どろんこ遊び&田植え
7月20日 竹で作るながーーい「そうめん流し」(田んぼの生きもの観察)
8月17日 お楽しみ1日キャンプ
9月14日 ジャムとピーナッツバターを作ってサンドイッチにしよう!
10月26日 田んぼの稲刈り&脱穀
11月(日にち未定) 第11回「霧島・食の文化祭」に参加
12月21日 お餅つき&ミニ正月飾り作り
1月 お休み
2月15日 手前みそ仕込み
3月22日 ピザ釜&霧島地小麦粉でピザ作り

《 概要・目的 》

鹿児島県内の幼児~小学生およびその保護者を対象に、霧島の里山を活用した自然学校を開催する。
計画及び実施は、当研究会及び霧島市内の高校生スタッフが共に行う。
年10回程度開催し、「大豆」「さつまいも」「そば」「あわ」などの栽培・調理・加工や、生き物の観察、樹木、野草などの学習を行う。
自然や、農や食に対する自分ごととしての関心の高まりが期待でき、共生や思いやり、想像力・判断力・実践力の育成を目指す。

《 会費について 》

入会費 3000円(1家庭及びグループにつき、継続の場合は不要)
1回あたりの参加費 お1人さま1000円+材料費300~600円(月により変わります)
※3歳以下のお子さまは無料(4歳のお誕生月まで)
※お休みの際は、必ずご連絡ください。
※キャンセルは、前日17時までにご連絡ください。連絡がない場合、キャンセル料を次回いただきます。

(募集は締め切りました)

第10回 霧島・食の文化祭 開催報告


第10回霧島・食の文化祭ポスター

第10回 霧島・食の文化祭
平成25年12月1日(日)に、開催しました。
参加者、1000名でした。

*****
「この1日があるから残り364日がおもしろい!」
第10回「霧島・食の文化祭」

テーマ「子や孫に残したい霧島の食は何ですか」
平成25年12月1日(日)10時~15時
1年で1日、たった5時間だけの取り組みです。

霧島保健福祉センター 霧島市霧島田口500
入場 無料

見る・学ぶ
・1498皿の霧島の家庭料理大集合(展示150皿・絵手紙100皿・写真1248皿)
・霧島の学校給食・桜島の椿油・アレルギー除去食(以上10時~15時)
・鶏の命の教室 12:30~

味わう
・高菜と梅干しのおにぎり250円・霧島黒豚の豚汁150円・そばずい300円・地鶏焼き500円
・ねったぼ(サツマイモ餅)13:30~無料

体験する
・匠の包丁研ぎ 10:00~15:00
・きのこワークショップ 10:00~15:00
・はしづかいワークショップ 10:00~15:00
・竹はし作り 10:00~11:30
・竹かご造り 13:00~14:30
・石臼できなこ作り 10:00~15:00

聞く
1部
● 霧島・栄養教諭のエプロンシアター 10:25~10:40
● 霧島・一家庭一菜「ピーマン作ったよ」 10:40~10:50
2部
● 福岡・楽しイネ 牛島光 11:30~11:45
● 熊本・竹の道具 井上克彦 11:45~12:00
3部
● お米でクイズ・霧島わんぱくランド 12:30~12:40
● 徳島・「なばしの話」高野康弘 12:40~13:10
● 霧島のばあちゃんの思いで語り 暮らしと食 鈴木ミチコ 聞き手:谷山 13:10~13:25
4部
● 頴娃の食を通した町おこし・加藤潤 14:00~14:15
● 「こめとも」を使った高校家庭科の授業 中島浩子 14:15~14:30

和む・買う
・ばあちゃんのちゃぶ台カフェ 11:20~15:00
・わんぱくランドの子どもたちの「お米のお店」
 ※今回の売り上げは全額、心臓移植の必要なお子さんへの募金とします。
・水俣の愛林館コーナー おはぎ・香米など
・霧島食育研究会作成レシピ集・食育教材など販売

支える(東北のおいしいものを買って支えるコーナー)
・宮城県 名取市の柚餅子など
・宮城県 石巻市のわかめ・こんぶなど
・岩手県 大槌町の海産物など
・宮城県 仙台市のクッキー&コーヒー