霧島食育研究会について


のぼる農園 山の家

霧島の食農育による地域づくりの実践
「学ぶ・創る・耕す・つながる」霧島の食育活動の新たな展開

今は合併して霧島市という13万人の市になりましたが、当時6000人弱の霧島町で「霧島で霧島の食育」を目指し、平成16年に霧島食育研究会を設立しました。目的は「食を大切にする文化をこの霧島で作る」ことです。いま、食育という言葉が、魔法の言葉のようにいろいろなところで、いろいろな意味で使われていますが、
私たちが考える食育は、
1)多くの人が自分の毎日の食について、少し立ち止まって考えてみること
2)家庭や地域に伝わる食べ物や食生活の知恵について、見直してみること
3)食べ物が自分の口に入るまでにいろいろな人が関わってきたことに気付くこと
ではないかと思っています。
そして、子どもが「おなかがすいた!今日のごはんはなにー!」と家に駆け込んでくること、一人立ちした子どもが「うちのあの料理が食べたい」と思うこと、そういう環境を作ることが究極の食育ではないかと考えています。
「これから食育について何か活動したいが何からはじめたらいいのだろう?」「今している活動をどうアピールすればいいのだろう?」というお悩みなどに、体験をふまえてお手伝いできればと思っています。

NPO法人霧島食育研究会 理事長 千葉 しのぶ

けせんだんご
現在、会員は15名です。
霧島市に在住・勤務する、食生活改善推進員・社会福祉士・管理栄養士・教員・農家・会社員・公務員で活動しています。

《 活動目的 》

1.家庭の味・地域の食文化の継承(ばあちゃんと母ちゃんの味を子どもに伝えること)
2.食を大切にする文化を育てること

《 事業内容 》

1.食育の啓蒙活動及び調査研究に関する事業 (「霧島・食の文化祭」「霧島里山自然学校」等の事業)
2.食文化の継承に関する研修事業 (「霧島食べもの伝承塾」等の事業)
3.料理教室及び教材の開発 (「かごしま郷土料理マイスター養成講座」、レシピ集発行等の事業)
4.生活習慣病等予防教室
5.食育リーダーの養成・認定に関する事業 (棚田食育士養成講座等の事業)
6.介護予防のための栄養指導に関する事業
7.食育活動団体の支援に関する事業 (鹿児島大人のための食育セミナー等の事業)

《 受賞歴 》

平成18年1月 地域に根ざした食育コンクール 優良賞(地域に根ざした食育推進協議会会長賞)
平成18年7月 読売教育賞 地域社会教育活動部門 最優秀賞
平成18年12月 あしたのまち・暮らしづくり活動賞 食育推進部門 内閣総理大臣賞
平成20年1月 地域に根ざした食育コンクール 優秀賞(農林水産省 消費・安全局長賞)食育ネットワーク分野 全国1位
平成21年1月 日本農業賞 食の架け橋部門 優秀賞
平成22年1月 霧島市 市民表彰
平成23年4月 国際ソロプチミスト鹿児島 社会ボランティア賞
平成23年1月 かごしまの“食”活動大賞(食育活動部門)
平成24年3月 第9回オーライ!ニッポン大賞 審査委員会長賞
平成24年11月 第63回 南日本文化賞
平成29年4月 第1回食育活動表彰(農林水産省主催)ボランティア部門 農林水産大臣賞

《 活動履歴 》

平成16年1月18日 霧島食育研究会 発足
平成16年4月 「霧島の子どもと大人のための食育プログラム」の開発
平成16年6月 「霧島の子どもと大人のための食育プログラム」の実施
平成16年11月13日 第1回「霧島・食の文化祭」主催、500名参加
平成16年4月~平成17年11月 霧島町広報掲載 食育情報「風土・フード」
平成17年5月~現在 「霧島たべもの伝承塾」主催(毎月1回)
平成17年7月~ 霧島スローライフ農場にて大豆栽培開始
平成17年12月18日 第2回「霧島・食の文化祭」主催、700名参加
平成18年4月~現在 南日本新聞 暮らし欄「かごしま食育レシピ」掲載
平成18年度 農林水産省 民間における食育活動促進支援事業採択
平成18年9月 鹿児島県農政課 乳幼児食育体験プログラム開発事業委託
平成18年11月 第3回「霧島・食の文化祭」主催、1000名参加
平成19年4月 「霧島・畑んがっこ」大人組活動開始 霧島市内および県内より参加
平成19年4月 鹿児島・大人のための食育セミナー開催 講師:結城登美雄さん、全国より70名参加
平成19年5月 日本食育学会(千葉県)にて実践報告
平成19年7月 「霧島・畑んがっこ」子ども組活動開始 霧島市内および県内より参加
平成19年7月 伊藤鹿児島県知事の訪問 研究会の活動報告
平成19年7月 「棚田食育士養成講座」開催(水俣愛林館と共催)
平成19年10月 分野別知事と語ろう会 食育分野・意見発表者
平成19年11月 第4回「霧島・食の文化祭」開催、参加者1000名、全国各地のスタッフ200名の運営
平成20年6月 教育ファーム「霧島畑んがっこ 田んぼ組」活動開始
平成20年6月 「棚田食育士養成講座 中級前期」開催(水俣愛林館と共催)
平成20年7月 霧島市市民活動支援事業に「霧島おいしい一汁二菜食育事業」が採択
平成20年8月 教育ファーム全国大会で代表千葉がコーディネーター
平成20年10月 「棚田食育士養成講座 中級後期」開催(水俣愛林館と共催)
平成20年11月 第5回「霧島・食の文化祭」開催、国13都道府県よりスタッフ200名、来場者1500名
平成21年1月 「霧島おいしい一汁二菜食育読本」完成、霧島市全小学6年生1400名に無料配布
平成21年4月 「霧島畑んがっこ」「畑遊び組」活動開始
平成21年4月 霧島市食育推進計画策定委員に千葉が任命される
平成21年7月 霧島市市民活動支援事業に「地産地消-霧島地野菜活用食育事業」採択
平成21年7月 農林水産省にっぽん食育進事業「教育ファーム推進事業」モデル実証地区協力団体 に採択
平成21年11月 第6回「霧島・食の文化祭」開催、スタッフ150名、来場者1000名
平成22年3月 「棚田食育士養成講座 上級編」開催(水俣市愛林館と共催)
平成22年3月 「霧島地野菜レシピ集」発行 第1版1500冊を完売
平成22年4月 鹿児島県農政部委託 「霧島食農育ツーリズムプログラム」開発
平成22年4月 事務所を霧島地区内に新設
平成22年7月 霧島市市民活動支援事業に「霧島おにぎりプロジェクト」採択
平成22年11月 第7回「霧島・食の文化祭」開催、スタッフ180名、来場者1500名
平成23年1月 千葉が鹿児島県食の安心・安全推進委員会委員に就任
平成23年3月 「畑と庭のレシピ」発行
平成23年3月~現在 東日本大震災支援事業「非常時野外料理教室」開催 以後、23年度は10回開催
平成23年4月 鹿児島県農政部委託「若者向け食育プログラムの開発」および「霧島食農育ツーリズムプログラムの実証」開始
平成23年4月 こどもゆめ基金の助成により「大豆の教育ファーム」開始
平成23年5月 セブンイレブン緑の基金の助成により「霧島おにぎりプロジェクト」開始
平成23年7月 霧島市市民活動支援事業の採択をうけ「霧島食育サポーター養成講座」開始
平成23年8月 千葉が鹿児島県食の安心・安全推進アドバイザーに登録
平成23年8月 千葉が「かごしま県民大学」推進協議会委員に就任
平成23年11月 第8回「霧島・食の文化祭」開催、スタッフ180名、来場者1500名
平成24年3月 「きりしま食の学校」「こめとも」発行
平成24年9月 霧島食育サポーター養成講座 開始
平成24年9月 「きりしま里山レシピ集」発行
平成24年11月1日 第60回南日本文化賞 受賞
平成24年12月2日 第9回「霧島・食の文化祭」開催、1000名
平成25年2月 理事長千葉が「かごっまおごじょ委員会」に任命される。農業食料部会の部会リーダーとなる。
平成25年2月7月2日 かごしま郷土料理マイスター講座 開始(鹿児島県民交流センター)
平成25年2月7月24日 鹿児島県議会総務部会の研修視察受け入れ
平成25年2月7月31日 南日本文化賞受賞記念 食の文化祭研修会開催
平成25年2月9月2日 鹿児島県民交流センターにて「家庭料理大集合」パネル展示
平成25年2月12月1日 第10回「霧島・食の文化祭」開催、1000名、NTTデータ・東京農業大学と連携し、東京農業大学内とのライブ中継を実施。
平成26年2月 霧島食育サポータークラブ発足
平成26年11月30日 第11回「霧島・食の文化祭」開催
平成27年12月13日 第12回「霧島・食の文化祭」開催
平成28年8月 かごしま郷土料理マイスター協会設立
平成28年11月27日 第13回「霧島・食の文化祭」開催
平成29年4月27日 第1回食育活動表彰(農林水産省主催)ボランティア部門 農林水産大臣賞 受賞

《 所在地 》

〒899-4201 鹿児島県霧島市霧島田口1653-2 (Map
電話:090-4982-8898(千葉)
FAX:0995-73-3902

のぼる農園 畑カフェ