郷土料理レシピ

みそ味の雑煮

味噌おぞうに

大きな里芋に、子孫繁栄の願いを込めて

里芋と豆もやし、もちだけのシンプルな雑煮は、家族だけの正月の食卓に上るものでした。
だしは鶏ガラでとり、麦みその甘い香りの汁に、鶏の旨みや脂が染み出し、一層よいコクとなります。
里芋には「子孫繁栄」の願いが込められており、丸ごと下茹でして、すっと箸が通るくらいに柔らかくしてから汁で煮込みます。

材料(4人分)

鶏ガラ200g
鶏手羽先1本
5カップ(1リットル)
麦みそ80g
大さじ1
里芋大4個(600g)
豆もやし100g
もち4個

作り方

  1. 鶏ガラはザルに入れ、上から熱湯をかけて流水で洗う。鶏手羽先とともに鍋に入れて水1リットルを加え、始めは強火、その後沸騰が続く程度の火力で約30分煮る。
  2. (1)の鶏をとりあげ、ザルで濾し、水を足して1リットルにする。
  3. 里芋は皮をむき、竹串がスッと通るくらいまで丸ごと茹でる。
  4. 豆もやしは根を落とす。もちは焼く。
  5. (2)に麦みその半量を溶き入れ、(3)の里芋を入れて5、6分煮る。(4)の豆もやしも加える。
  6. (5)に残りの麦みそと酒を入れて味見し、味を調える。椀に里芋、焼いたもち、豆もやしの順に盛り、汁を注ぐ。

イベント参加者数

主催事業数・参加者

1052回 46718名

講演会・参加者

講演数618回 82480人
※平成16年1月~令和2年3月