郷土料理レシピ

がね

ガネ

冷めてもおいしい、甘い味付け

「がね」は鹿児島弁で「かに」という意味です。さつまいもと粉類を使い、かにの形に似るような感じで油で揚げます。
作る人により材料や分量が違い、衣の粉も小麦粉、米の粉、もち米の粉、そば粉と様々です。具もごぼうや生姜、いりこを入れる人もいるようです。家ごとや地域の行事で味付けも変わるのですが、甘さをきかすのが冷めてもおいしいポイントです。
おかずにもおやつにもなり、子どもから大人まで人気の郷土料理です。

材料(4人分・8個分)

さつまいも200g
人参50g
にら30g
◎衣
 小麦粉100g
 もち米粉50g
 砂糖40g
 卵1個
 うす口醤油大さじ1と1/2
 塩ふたつまみ
 水80㏄程度
揚げ油適宜

作り方

  1. さつまいもは、皮をむき、5ミリ角×7センチ程の長さに切り、水にさらしてザルにあげる。人参はさつまいもより細めの同じ長さに切り、にらもさつまいもと同じ長さに切る。
  2. ボウルに(1)と水以外の衣の材料を加えて混ぜ合わせ、水を衣が具にまとわりつく状態まで少しずつ調整しながら加え、混ぜる。
  3. 鍋に油を3センチ以上の深さになるまで入れ、170℃に温める(170℃の目安は、油の中に衣を少し落とし、鍋の底に着く前に途中で上がってくる状態)。
  4. (2)を木じゃくし(ご飯をよそう時に使う木製のしゃもじ)等ですくい、横長のかにの形のように整え、菜箸で押し出すように、鍋に落とす。2、3分で裏に返し、さつまいもの甘い香りがして、全体がきつね色になったら、網バットにあげ、油をきる。

イベント参加者数

主催事業数・参加者

1,144回・49,598人

講演会・参加者

講演数629回・82,796人
※平成16年1月~令和3年3月