郷土料理レシピ

ぶり大根

ぶり大根

ぶりの旨みが大根に染み込む

「ぶり大根」は全国各地で、その土地のブリと大根で作られる郷土料理です。鹿児島のぶりは1958年に試験養殖が始まってから県内各地に広がり、2021年現在、全国シェア日本一です。

「島でこん」といわれる桜島大根は、甘みに富んでみずみずしく、型くずれしにくい特徴があります。一緒に煮ると桜島大根のきめ細やかな肉質に、ブリの旨みがしみ込み絶品です。

材料(4人分)

ブリ切り身50g×4切
ブリアラ200g~300g
大根(できれば桜島大根)50g
生姜20g
料理酒100cc
◎調味料
 本みりん大さじ4
 濃口醤油大さじ2
 うす口醤油大さじ2

作り方

  1. ブリアラは熱湯をかけ、水で洗う。大根は皮をむき、2センチ厚さの半月切りに、生姜は皮付きのまま薄切りにする。
  2. 鍋に大根をしき、上にブリの切り身とアラ、生姜をのせ、料理酒を加える。さらに、大根が浸る程度(2カップ程度)の水を加え、火にかける。
  3. 沸騰後は弱火で20分ほど煮て、大根が軟らかくなったら、調味料を加える。さらに20分ほど弱火にかけ、時々煮汁を回しかけながら煮含める。
  4. いったん火からおろし、味をなじませ、食べる直前に再加熱すると味が染みる。

イベント参加者数

主催事業数・参加者

1,144回・49,598人

講演会・参加者

講演数629回・82,796人
※平成16年1月~令和3年3月