郷土料理レシピ

山菜いなり

山菜いなり

野山の恵みをいただく春の楽しみ

春は芽吹きの季節。少しずつ寒さがゆるんでくると、春の山菜を色々と目にします。タラノメやツクシ、フキノトウのほろ苦さ、セリ、ウドの香りなど、これらの山菜には、普段食する野菜とは違う味わいがあります。

山菜の持つ苦味やえぐみといった独特の風味は、主にポリフェノールによるものです。ポリフェノールは元々、厳しい気候や虫、動物といった天敵から、植物自らを守るために作り出されたもの。強い抗酸化力を持ち、血行促進、代謝促進などの作用があるのだそう。

ホルモンバランスを崩しやすい春は、肌荒れを起こしたり、体調を崩しやすい季節でもあります。そこで、生命力にあふれる山菜などを食べて栄養をとるのは、理にかなったことなのかもしれません。

材料(12個分)

◎すし飯
 炊きたてのごはんごはん茶碗2杯分
 すし酢大さじ2
◎具
 茹で山菜ミックス1袋
 うす口醤油大さじ1
 本みりん大さじ1
 桜の花の塩漬け・木の芽適宜
◎いなり用 味付け揚げ
 すしあげ6枚
 だし汁200cc
 砂糖大さじ2
 うす口醤油大さじ1と1/2
 本みりん小さじ2

作り方

◎いなり用 味付け揚げ

  1. 沸騰したお湯にすしあげを入れ、5分ほど煮て油抜きをする。
  2. お湯を切り、触れるくらいの温度になったら、油あげを手で軽く握って水気を切り、2等分に切る。味をつける前に揚げを開いておく。
  3. 水300ccに昆布30cmを30分浸し、火にかけ、沸騰直前で昆布は取り出し、かつお節5gを入れて2〜3分煮立たたせ、出汁を取る(出汁は、市販のパックでもOK)。
  4. 鍋に出汁、油あげ、砂糖を入れ、3分ほど中火にかける。
  5. うす口醤油を加え、落とし蓋をして5分ほど中火で煮る。
  6. 火を止め、仕上げに本みりんを回しいれる。冷ましながら味を含ませる。丁寧に作ると味も格別です(冷凍もできます)。

◎すし飯

  1. 炊きたてのごはんにすし酢を合わせ、すし飯にする。
  2. しゃもじで切るようにほぐしながら、広げて冷ます。

◎具

  1. 茹で山菜ミックスを、うす口醤油と本みりんで煮る。
  2. ざるにあけたものを、すし飯に混ぜる。
  3. 12等分して丸め、いなり用味付け揚げに詰める。
  4. (3)に塩抜きした桜の花と木の芽をのせる。

山菜のアク抜きの方法

◎ワラビ

ワラビ150g
水1リットル
重曹 小さじ1

  1. 水を沸騰させ、火を止める
  2. 重曹とワラビを入れ、落としぶたをする。
  3. 8時間から半日おく。
  4. きれいな水に変えて、2、3時間おく。
わらびアク抜き
わらび

◎ツワ

ツワ
水 ツワの3倍以上の量
塩 水1リットルにつき小さじ2(1%)

  1. ツワを沸騰したお湯にさっと通して皮をむきやすくし、根元からめくるように皮をむく。
  2. 水に塩を加え、沸騰したらツワを入れる。
  3. 2、3分茹でたらざるに上げ、水にさらす。
つわぶき剥きかた
ツワブキ

◎ウルイ、タラの芽

ウルイ、タラの芽は茹でるだけでOK

◎フキノトウ

フキノトウは下処理不要

イベント参加者数

主催事業数・参加者

1052回 46718名

講演会・参加者

講演数618回 82480人
※平成16年1月~令和2年3月