郷土料理レシピ

きらっのすい

きびなごとおからのみそ汁

きびなごを丸ごと使ったおからのみそ汁

きびなごは冬から初夏にかけて脂がのっておいしく、きらす(おから)と合うので、みそ汁に入れます。

家庭や地域の豆腐屋で豆腐を作っていた頃は「おから」は常にあるので、「切らすことがない」ということから、おからを「きらす」と呼ぶようになったようです。きらすを入れたみそ汁なので「きらっのすい」と言います。

材料(4人分)

おから80g
きびなご12~15尾
薄揚げ1/2枚
にら2、3本
麦みそ60g
いりこ20g
4カップ(800cc)

作り方

  1. 水にいりこを入れて30分したら火にかけ、沸騰後3分でいりこを取り出す。
  2. きびなごはさっと洗い、にらは2~3cmに切る。薄揚げは2等分して5mm幅の短冊に切る。
  3. (1)に薄揚げ、きびなごを入れ、きびなごに火が通ったらみそを溶き入れ、おからを入れる。
  4. 食べる直前に、にらを入れる。

イベント参加者数

主催事業数・参加者

1,212回・50,557人

講演会・参加者

講演数646回・83,387人

メディアでの発信

新聞・雑誌での掲載・執筆、テレビ・ラジオ等の出演など
851回

※平成16(2004)年1月~令和4(2022)年3月