郷土料理レシピ

青のりのすまし汁

青のりのすまし汁

春先の磯の香りがふわり漂う

あおさのりはヒトエグサ科の海藻で、主に佃煮の原料に利用されます。みそ汁の具や吸い物、卵焼きの具、磯辺揚げなど、風味付けや彩りとして重宝します。食感もやわらかく、舌触りもよく、汁ものにすると、鮮やかな緑色と磯の香りを楽しめます。

長島町や鹿児島市喜入などで採れますが、徳之島などでは、1月~3月ぐらいによく採れ、この頃から生のものが、スーパーなどによく並びます。

材料(4人分)

豆腐1/3丁
あおさのり適宜
木の芽4枝
◎混合だし
 昆布10g
 かつお節10g
 水4カップ(800cc)
 塩小さじ1/2
 うす口醤油大さじ1/2

作り方

  1. 昆布を30分以上水に浸け、沸騰直前にとりあげる。かつお節を入れ、再沸騰して2~3分したら火を止め、濾す。
  2. 濾しただし汁を火にかけ、小さなさいの目切にした豆腐を入れる。
  3. 塩とうす口醤油で味を整える。
  4. 最後にあおさのりを入れ、沸騰しないうちに火を止める。
  5. 器に盛り、木の芽を浮かべる。

イベント参加者数

主催事業数・参加者

1052回 46718名

講演会・参加者

講演数618回 82480人
※平成16年1月~令和2年3月