郷土料理レシピ

豚肉と島野菜(パパイア)の炒め物 

乾燥パパイアで手軽に

徳之島ではよく食べられている青パパイア。
味は淡白で、シャキシャキとした歯ごたえが特徴です。

昔から漬物によく使われていましたが、最近では徳之島の宝食材として見直され、きんぴら等の野菜炒めなど、色々な調理法で食べられています。

青パパイアには、たんぱく質を分解するパパイン酵素が含まれており、肉と一緒に料理すると肉がやわらかくなるなどの効果もあります。
乾燥パパイアは一年中、物産館などで購入できるので、常備しておくと便利です。

材料(4人分)

豚肉(三枚肉のブロック)100g
乾燥パパイア30g
ピーマン1/2個
赤ピーマン1/2個
ニラ50g
厚揚げ1枚
◎調味料
 酒大さじ1と1/2
 島ザラメまたはきび砂糖小さじ2
 濃口醤油大さじ1
 ごま油大さじ1

作り方

  1. 乾燥パパイアはお湯で15分くらい戻し、水気を絞っておく。
  2. 豚肉は3cmの幅に切る。厚揚げは湯通しして2cm幅の大きさに、ピーマン類は千切り、ニラは3cmの長さに切る。
  3. 熱したフライパンにごま油をひき、パパイアを軽く炒め、豚肉を入れ、色が変わるまで炒める。
  4. 厚揚げ・ピーマン類を入れ軽く炒め、最後にニラと調味料を加え、全体を軽く混ぜ、蓋をして中火で炒め煮にする(2分程度)。
  5. 蓋をあけ、全体を混ぜ合わせてできあがり。

ポイント

  • 乾燥パパイアはお湯で15分戻す。戻して生のままサラダにしても、今回のように加熱しても歯ごたえが変化しておいしいです。

イベント参加者数

主催事業数・参加者

1,144回・49,598人

講演会・参加者

講演数629回・82,796人
※平成16年1月~令和3年3月