郷土料理レシピ

鯨の竜田揚げ

学校給食で食べた懐かしい味

鯨といえば、以前学校給食で定番だった竜田揚げを思い出す人も多いのではないでしょうか。
鯨は、赤身だけでなく、背びれの部分である「尾羽(おば)」、皮を揚げて乾燥させた「せしから」など余すことなく利用されてきました。

竜田揚げは、生姜やにんにくの入った醤油だれに漬け込んで、片栗粉をつけてカラリと揚げます。オーロラソースも添えて、懐かしい味に。

材料(4人分)

鯨赤肉200g
醤油だれ
 すりおろしたりんご30g
 すりおろした生姜小さじ1/4
 すりおろしたニンニク小さじ1/4
 酒(または、本みりん)大さじ1
 薄口醤油大さじ1/2
 濃口醤油大さじ1/2
片栗粉適宜
適宜
オーロラソース
 トマトケチャップ大さじ2
 マヨネーズ大さじ2
 砂糖小さじ1/4
サラダ菜50g
キャベツ150g

作り方

  1. 鯨赤肉は1切れ10g程度に切り分け、醤油だれを混ぜ込み、冷蔵庫に20~30分おく。
  2. (1)の水分をキッチンペーパーでふき取り、片栗粉をまぶして、170~180度の油でカラリとなるまで揚げる。
  3. せん切りしたキャベツやサラダ菜と(2)を盛り、オーロラソースを添える。

イベント参加者数

主催事業数・参加者

1,212回・50,557人

講演会・参加者

講演数646回・83,387人

メディアでの発信

新聞・雑誌での掲載・執筆、テレビ・ラジオ等の出演など
851回

※平成16(2004)年1月~令和4(2022)年3月