郷土料理レシピ

椎茸のえびしんじょ揚げ

えびと椎茸の相性ばっちり

椎茸の旬は3~5月の春と、9~11月の秋の2回です。
椎茸は秋の食材のイメージが強いのですが、この時期の椎茸も美味です。
春の椎茸は「春子」といい、厳しい寒さの中で旨味をたっぷり蓄えて肉厚で歯ごたえが良いものが多いです。

椎茸のカサに、たたいたえびをこんもりと盛り、片栗粉を薄くまぶして油で揚げると、春らしい一品になります。
椎茸の軸も細かくたたいて混ぜ込むと、無駄にならず風味も増します。

材料(4人分)

生椎茸(小~中)8個
片栗粉大さじ1
無頭えび200g
◎衣
 卵1/2個
 片栗粉大さじ1
 塩小さじ1/3
適宜

作り方

  1. 椎茸は軸をとり、軸はみじん切りにする。
  2. えびは殻と背ワタを除き、細かくたたき、みじん切りにした椎茸の軸、溶いた卵液、片栗粉、塩を混ぜる。
  3. 軸をとった椎茸のカサの部分に、片栗粉を薄くまぶし、(2)の衣を塗りつけるようにし、さらに全体に薄く片栗粉をまぶす。
  4. 170度に温めた油に(3)を入れ、きつね色になるまで4~5分揚げる。

ポイント

  • 生椎茸は、できれば小ぶりで肉厚なものを選びましょう。
  • 片栗粉は薄くまぶしましょう。
  • 揚げたてに、レモンなどの柑橘をしぼってもおいしいです。

イベント参加者数

主催事業数・参加者

1,212回・50,557人

講演会・参加者

講演数646回・83,387人

メディアでの発信

新聞・雑誌での掲載・執筆、テレビ・ラジオ等の出演など
851回

※平成16(2004)年1月~令和4(2022)年3月