郷土料理レシピ

ひじきご飯

磯の香たっぷりの混ぜご飯

今が旬のひじきを使った混ぜご飯。懐かしさを感じる素朴な味わいは、どの年代でも好まれます。

ひじきは、春になった今が収穫の時期です。桜島の海岸でも「ひじき獲り」が最盛期を迎えているそうです。
海中の溶岩に自生したひじきは、収穫後に天日乾燥させると、歯ごたえがしっかりと残るのが特徴です。

乾燥ひじきには、「ボイラー乾燥」と「天日干しの自然乾燥」があり、「ボイラー乾燥」だと熱によって蒸されてしまうため、歯ごたえが減少します。「天日干しの自然乾燥」は、歯ごたえがしっかり残っています。桜島の物産館などで販売されています。

材料(4~5杯分)

乾燥ひじき15g
人参50g
ちくわ50g
こんにゃく50g
ごま油大さじ1
調味料
 薄口醤油大さじ1と1/2
 本みりん大さじ1と1/2
 砂糖小さじ1
さやいんげん2,3本
適宜
ごはん4~5杯分

作り方

  1. 乾燥ひじきは水でさっと洗ってから、たっぷりの水で戻す。ザルにあげ、1cmの長さに切る(水で30分、お急ぎの時は50度以下の湯で15分で戻すことができます)。
  2. 人参、こんにゃくは1センチ角に、ちくわは縦半分にし、薄切りする。
  3. さやいんげんは塩を入れた湯で色よく茹で、斜め薄切りにする。
  4. 鍋にごま油をひき、(1)のひじきを炒める。
  5. (2)の人参、ちくわ、こんにゃくを加え、全体に油が回ったら、調味料を入れる。
  6. ひたひたになる程度の水を加え、沸騰するまでは強火、沸騰後は弱火で汁気が少なくなるまで煮含める。
  7. 炊きたてのご飯に混ぜ、器に盛り、さやいんげんを散らす。

ポイント

  • ひじきはたっぷりの水でもどしましょう。水をしっかりと切って炒めると、ふっくらシャキシャキした口あたりになります。
  • ひじきは、ごま油で炒めましょう。海藻特有の臭いが和らぎ風味よく仕上がります。
  • ひじきの具は濃いめに煮て、炊き立てのごはんに混ぜ込みましょう。磯の香りたっぷりのひじきご飯になります。

イベント参加者数

主催事業数・参加者

1,212回・50,557人

講演会・参加者

講演数646回・83,387人

メディアでの発信

新聞・雑誌での掲載・執筆、テレビ・ラジオ等の出演など
851回

※平成16(2004)年1月~令和4(2022)年3月