郷土料理レシピ

げたんは

黒糖蜜でしっとり

黒糖をふんだんに使って、この上なく贅沢な菓子なのに、名前はなんとも素朴は「げたんは」。
下駄の歯を泥で汚した様子になぞられ名付けられたといわれています。

霧島市横川町の発祥で、昭和20年代まで米の集荷場があった横川駅前の数軒の菓子店で作られており、当時「ゲタンハ」は、「横川菓子」「三角菓子」とも呼ばれていました。
しかし、昭和初期には途絶えており、再現するにも手がかりのない状態でしたが、平成16年に、横川町食生活改善推進員により復活しました。

材料(作りやすい分量)

【生地】
小麦粉(薄力粉)250g
重曹小さじ1
粉黒糖100g
100cc
【みつ】
粉黒糖150g
大さじ5(75cc)

作り方

  1. 小麦粉と重曹を合わせてふるう。
  2. 生地の黒糖と水を合わせ溶かす。
  3. (1)に(2)を加え、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
  4. 天板にクッキングシートを敷き、(3)を広げる。
  5. 180℃のオーブンで20分焼く。
  6. みつの材料を煮溶かす。
  7. (5)の粗熱がとれたら三角形に切り、(6)にくぐらせる。

イベント参加者数

主催事業数・参加者

1,212回・50,557人

講演会・参加者

講演数646回・83,387人

メディアでの発信

新聞・雑誌での掲載・執筆、テレビ・ラジオ等の出演など
851回

※平成16(2004)年1月~令和4(2022)年3月