郷土料理レシピ

かねんすい

プルプルの食感がおいしい

もとは「かねんこ(かんねんかずら[寒根葛・くず]から採れるでんぷん)」を使った団子を入れた汁のことです。
その代用として、さつまいもでんぷんが使われるようになりました。忙しい中でも手早く作れて、腹持ちが良く重宝されたと聞きます。

煮干しだしにたくさんの根菜類や椎茸とともに煮込むと、透明な団子に旨みが染みます。プルプルの食感が独特です。

材料(4人分)

大根100g
里芋100g
人参50g
ごぼう50g
生椎茸3枚
煮干し20g
3カップ(600cc)
調味料
 薄口醤油大さじ2
 本みりん大さじ2
さつまいもでんぷん100g
1カップ(200cc)
小ねぎ2、3本

作り方

  1. 大根、里芋は5ミリ厚さのいちょう切り、人参はそれより薄めのいちょう切りにする。ごぼうはささがき、生椎茸は薄切りにし、軸もさいて使う。
  2. 煮干しを3カップの水にいれ、30分したら火にかけ、(1)を加え、大根が軟らかくなるまで煮、煮ている間の蒸発分の水を足し、調味料を加える。
  3. さつまいもでんぷんを小鍋に入れ、水1カップを加え溶き、弱火にかけ、木じゃくしで混ぜ、半透明になったら、スプーンでひと口大にすくって、(2)に入れる。
  4. 透明になったら火を止め、椀にもり、小口切りした小ねぎを散らす。

イベント参加者数

主催事業数・参加者

1,212回・50,557人

講演会・参加者

講演数646回・83,387人

メディアでの発信

新聞・雑誌での掲載・執筆、テレビ・ラジオ等の出演など
851回

※平成16(2004)年1月~令和4(2022)年3月