郷土料理レシピ

そばずい

気軽に手作りそばを楽しめる

「そばを打つ」というと、こねる際の微妙な水加減や伸ばす際の技術などを考え、難しいというイメージがあります。しかし「そばずい」は、太い麺になっても、途中で切れても大丈夫な家庭料理です。
地元の方より、「昔は麺棒も使わず、手の平でパンパンとたたいて伸ばして包丁で切り分けていた」と教わり、それ以来とても気楽に作っています。

大根や里芋などの野菜をたっぷりと加え、鶏でだしをとり、太めに打ったそばを下茹ですることなく直接煮込みます。
具材の野菜や鶏を油で炒めてから煮込むと、さらに風味が増します。
煮込むうちにドロドロとした汁になるのがおいしく、翌日はさらに味が染みてきます。

材料(4人分)

そば粉200g
100cc
そば粉(打ち粉用)大さじ2~3
かつおだし
 かつお節10g
 水1リットル
鶏もも肉100g
大根200g
人参80g
生椎茸4枚
里芋100g
厚揚げ50g
深ねぎ50g
大さじ1
小ねぎ2、3本
ゆずの皮少々
調味料
 薄口醤油80cc
 本みりん80cc

作り方

  1. 水を沸騰させ、かつお節を加え、再度沸騰したら火を止め、2分したら濾し、かつおだしをとる。
  2. 鶏もも肉は1センチ角に、大根・人参・椎茸は太めのせん切り、里芋・厚揚げは食べやすい大きさに切る。
  3. 鍋に油をあたため、(2)を炒め、(1)と調味料を加え煮る。
  4. そば粉を大きめのボウルに入れ、水を2、3回に分けて加え、指を立てて混ぜる。ひとかたまりになったら、手の平でまとめ、こねていく。
  5. まな板の上などに分量外のそば粉を薄く振り、(4)を手でまわしながら広げ、その後、麺棒を使って2~3mm厚さにのばす。その上にさらに打ち粉を振り、折りたたんで2~3mm幅に切る。
  6. (3)の材料に火が通ったら、蒸発分の水を足して再度沸騰させ、(5)を手でほぐしながら加える。
  7. そばに火が通ったら器に盛り、小口切りの小ねぎと、せん切りにしたゆずの皮を散らす。

ポイント!

  • 加える水は、そば粉の5割が目安。
  • 厚みが均等になるように伸ばす。
  • 調理台がないときはまな板を使って2回に分けて打つ。
  • そばがくっつくときは、麺棒にも打ち粉をする。

イベント参加者数

主催事業数・参加者

1,212回・50,557人

講演会・参加者

講演数646回・83,387人

メディアでの発信

新聞・雑誌での掲載・執筆、テレビ・ラジオ等の出演など
851回

※平成16(2004)年1月~令和4(2022)年3月