郷土料理レシピ

あゆめし

さわやかな初夏の香り

6月にはいり、県内各地の川でアユ釣りの解禁を迎えました。
アユは別名「香魚」と呼ばれます。
岩や小石に生える藻類を食べることより、スイカやキュウリに似た独特の香りを持っているとされています。
特に初夏の若アユはおいしいです。

塩焼きが定番ですが、焼いた鮎を丸ごと炊き込みご飯にすると、ご飯全体に上品でさわやかな旨みが広がります。
2尾で4人分くらいになるのもうれしいですね。

材料(4人分)

アユ2尾
適宜
2合(300g)
調味料
 薄口醤油大さじ2
 本みりん大さじ1

作り方

  1. 米は洗いザルにあげておく。
  2. アユは鮎の表面のぬめりを軽く洗い落とし、下腹部分を頭側から尾びれに向かって1、2回しごく。
  3. 水気をふき取り、薄く表面に塩を振り、魚焼きグリルで強火で焼き、焼き色をつける。
    ・焼く際は頭左で焼き目をつけ、その形のまま頭左で米にのせる。
    ・皮目だけ焼き目をつける
    ・アユは炊飯器の中でも加熱されるので、完全に火を通す必要はない。
  4. 炊飯器に(1)と調味料を入れ、炊飯器の2合の目盛まで水を加え混ぜる。その上にアユをのせてすぐに炊飯する。
  5. 炊き上がったらアユをとりだし、頭、骨、ヒレなどを取り除いて身をほぐし、ご飯に混ぜる。

ポイント

  • 炊き込む前に焼き目をつけることで、香ばしさが増します。
  • こまかな骨も取り除くほうが、食べやすいです。

イベント参加者数

主催事業数・参加者

1,212回・50,557人

講演会・参加者

講演数646回・83,387人

メディアでの発信

新聞・雑誌での掲載・執筆、テレビ・ラジオ等の出演など
851回

※平成16(2004)年1月~令和4(2022)年3月