郷土料理レシピ

みょうがの甘酢漬け

彩りと甘酸っぱさが食欲をそそる

「みょうがは食べ過ぎると物忘れがひどくなる」は、科学的には根拠がないそうです。お釈迦様の弟子に物忘れのひどい人がいて、その人の墓から生えてきたのがみょうがだったという言い伝えや、落語の「茗荷宿」などで俗説として広まったよう。

そうめんや刺身の薬味に欠かせない「みょうが」は、甘酢につけると、鮮やかな赤紫に発色して、美しい主役になります。

材料(作りやすい分量)

みょうが200g
甘酢
 酢100cc
 砂糖大さじ3~4
 塩小さじ1

作り方

  1. 甘酢の材料を鍋にいれ、火にかけ沸騰したらすぐに火を止め、冷ましておく。
  2. みょうがは洗い、根元を落とし、縦半分に切る。塩少々を入れた湯で1分ほど茹で、ザルにあけ、冷めたらしっかり絞り、甘酢につける。
  3. 冷蔵庫で保存し、2時間後から食べられる。

イベント参加者数

主催事業数・参加者

1,212回・50,557人

講演会・参加者

講演数646回・83,387人

メディアでの発信

新聞・雑誌での掲載・執筆、テレビ・ラジオ等の出演など
851回

※平成16(2004)年1月~令和4(2022)年3月