郷土料理レシピ

かぼちゃのそぼろ煮

ひき肉のやさしい旨み染みこむ

かぼちゃは漢字で書くと「南瓜」。「南京(なんきん)」と呼ぶことも。
鹿児島県のかぼちゃの出荷量は、北海道に次いで全国2位を誇ります。県内の主な産地は指宿市、南さつま市、伊佐市で、粘質系・紛失系ともに栽培されています。

たっぷりのひき肉と玉ねぎと一緒に炒めてから煮つける、かぼちゃのそぼろ煮。甘めの味付けとひき肉のやさしい旨みがかぼちゃにしっかり染みこみ、美味です。

材料(4人分)

かぼちゃ500g
豚ひき肉200g
玉ねぎ100g
大さじ1
調味料
 砂糖大さじ2
 薄口醤油大さじ2
さやいんげん4本
適宜

作り方

  1. かぼちゃは種とワタをのぞき、皮付きのままひと口大に切る。
  2. 玉ねぎは粗みじん切りにする。
  3. 鍋に油をひき、豚ひき肉、切った玉ねぎを入れて中火で炒める。
  4. 豚ひき肉に火が通ったら、切ったかぼちゃを加えて大きく混ぜ、ヒタヒタになる程度に水を加え、強火で煮る。【下記、ポイント参照】
  5. 沸騰したらアクをのぞき、調味料を加え、静かに沸騰が続く程度の火加減にし、落し蓋をしてかぼちゃに火が通るまで煮る。
  6. いんげんは塩ゆでし、斜め薄切りにする。
  7. 器に盛り、切ったいんげんを添える。

ポイント

  • 鍋の大きさに注意します。切ったかぼちゃが重ならず、隙間を空けすぎず、ぴったりと収まるくらいがちょうどよいです。大きすぎる鍋は、かぼちゃが動いて煮崩れします。小さすぎて、かぼちゃを重ねてしまうと火が均一に通らず、味にむらが出ます。
  • 皮は下にして煮る。

イベント参加者数

主催事業数・参加者

1,292回・52,243人

講演会・参加者

講演数664回・85,507人

メディアでの発信

新聞・雑誌での掲載・執筆、テレビ・ラジオ等の出演など
881回

※平成16(2004)年1月~令和5年(2023)3月