郷土料理レシピ

冬瓜(とうがん)のみそ汁

食欲をそそる夏のみそ汁

鹿児島で「つが」と呼ばれる冬瓜は、夏に収穫されます。保存性が高く丸ごと冷暗所に置いておくと、冬まで保存できることが名前の由来ともいわれています。
果肉は真っ白できめ細やか、味は淡泊で瑞々しいのが特徴で、皮をむき汁物や煮物に入れるととろけるような食感になります。

徳之島では活用率の高い食材の1つです。昔、家の軒下に冬瓜を保存させ、ヤギ汁や、いのしし汁等、身体が温まる汁物料理等に重宝していたと聞きます。
まだまだ続く暑さを乗り越えるためにも、食感のいい冬瓜やオクラ、青さのりを加えた具だくさんの味噌汁にしてみましょう。

材料(4人分)

冬瓜200g
オクラ4本
木綿豆腐1/3丁
生椎茸(あれば)1,2枚
あおさのり(あれば)少々
煮干し20g
3カップ(600㏄)
麦みそ60g

作り方

  1. 冬瓜は皮をむき、食べやすい大きさで1センチくらいの厚さに切る。オクラは塩もみ後洗い、5ミリ厚さの斜め切りにする。豆腐は食べやすい大きさに切る。生椎茸があれば、薄切りにする。
  2. 水に煮干しを入れ30分以上おいた鍋に、冬瓜と、あれば生椎茸を加えて火にかけ、冬瓜に火を通す。
  3. 火が通ったら、オクラ、豆腐を加え1~2分煮る。
  4. 煮ている間に蒸発した分の水を足し、麦みそを溶き入れる。
  5. 沸騰したら火を止め、あおさのりを加える。

ポイント

  • 冬瓜の皮は、剥きやすいサイズにカットして剥く。
  • 種とワタはスプーンを使うと取りのぞきやすい。
  • 冬瓜を一度に使い切れない時は、用途に応じたサイズにカットし、冷凍保存するといいです。

イベント参加者数

主催事業数・参加者

1,212回・50,557人

講演会・参加者

講演数646回・83,387人

メディアでの発信

新聞・雑誌での掲載・執筆、テレビ・ラジオ等の出演など
851回

※平成16(2004)年1月~令和4(2022)年3月