郷土料理レシピ

かつおのごま漬け

脂ののった鰹の旨みを凝縮

かつおは群れを作って黒潮にのり、春は北上するので「のぼりかつお」、
秋は南下してくるので「もどりかつお」と呼ばれています。

今からの秋の時期は、よく脂がのってトロッとした食感があります。かつおの刺身を少し厚めに切って、白ごまといっしょに醤油だれに漬けこむと、ご飯がすすむ「かつおのごま漬け」ができあがります。

山芋のすりおろしをかけて小鉢として、アツアツごはんにのせてどんぶりに、お茶漬けもおいしいですよ。

材料(4人分)

かつお(刺身用)200g
調味料
 濃口醤油大さじ2
 本みりん大さじ2
 炒り白ごま大さじ1

作り方

  1. 炒り白ごまは包丁でかるく刻み、調味料と合わせる。
  2. かつおは0.5センチ厚さに切り、(1)に1時間漬ける。

ポイント

  • 刺身用のかつおは、血合いの部分が真っ赤で、身も透明感があるものを選びましょう。

イベント参加者数

主催事業数・参加者

1,212回・50,557人

講演会・参加者

講演数646回・83,387人

メディアでの発信

新聞・雑誌での掲載・執筆、テレビ・ラジオ等の出演など
851回

※平成16(2004)年1月~令和4(2022)年3月