郷土料理レシピ

サバのつみれ入りみそ汁

国内で漁獲されるサバは、マサバとゴマサバです。腹部にゴマを散らしたような模様があるのがゴマサバで、マサバと区別することができます。屋久島の首折れサバもゴマサバです。
マサバは秋から冬にかけ、たっぷりと脂肪を蓄えており、おいしい季節です。

サバの身をたたいてつみれ団子にし、みそ汁に落とすと濃厚な旨みの汁物になりますよ。
みそ汁の具材は大根がよく合います。ショウガを効かすと風味も増し、体も温まりますね。

材料(4人分)

サバ切り身150g
ショウガみじん切り小さじ1/2
小さじ1/4
大根100g
深ねぎ100g
かつお節5g
3カップ
麦みそ50g
一味唐辛子適宜

作り方

  1. 水を沸騰させたら火を止め、かつおぶしを加える。再度中火にかけ、沸騰したら火を止めて2分くらい置いてザルで濾す。
  2. 大根は薄い短冊切り、深ねぎは斜め薄切りにしておく。
  3. 皮と骨を除いたサバの切り身に、ショウガのみじん切りを加え、細かくたたく。
  4. 切り身とショウガがある程度混ざったら塩を加え、混ぜて粘りを出す。これがつみれのたねになる。
  5. 出汁を強火にかけ、大根、深ネギを加える。
  6. 沸騰してきたら、つみれのたねを丸めながら加える。つみれを加えたら、静かに沸騰が続く程度の火加減で加熱する。
  7. つみれ団子に火が通ったら、味を見ながら麦みそを加えて完成。器に盛り、お好みで一味唐辛子をかける。

【ポイントなど】

  • つみれのたねを煮るときは、静かに沸騰が続く程度の火加減で加熱する。
  • お好みで七味をいれると、味が引き締まり体の中からあたたまる。

イベント参加者数

主催事業数・参加者

1,292回・52,243人

講演会・参加者

講演数664回・85,507人

メディアでの発信

新聞・雑誌での掲載・執筆、テレビ・ラジオ等の出演など
881回

※平成16(2004)年1月~令和5年(2023)3月